Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

阪神・矢野監督「西に勝たしてやらないとだめな試合やった」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
デイリースポーツ

 「広島2-1阪神」(8日、マツダスタジアム)  阪神が接戦を落として広島に連敗し、2カード連続の負け越しとなった。 【写真】エラーの連鎖か…藤川 まさかのけん制悪送球 ボールはどこへ  試合後、矢野監督は「西に勝たしてやらないとだめな試合やったと思うし、まあ、ランナーを出しながらも西らしく粘って投げてくれた結果、こういう試合になったし。だからこそ勝たせてやりたかったなと思います」と話した。  6回4安打1失点と好投の西勇に代打・福留を送り、勝負に出た七回。しかし福留は1死満塁で二ゴロ併殺に倒れた。その裏を2番手・藤川に託したが、先頭打者に四球を与えると自らのけん制悪送球などでピンチに陥り、代打・坂倉に勝ち越し適時打を浴びた。  藤川について問われた指揮官は「流れの中でどうしても、次のイニングが難しいのはあるけど、四球というのはやっぱり得点に絡みやすいので。そのあと、よく1点でしのいでくれたというのはあるけど」とコメントした。

【関連記事】