Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「コロナと生きる」新しい日常、海外ではどんな工夫?各国に住む人たちに聞いてみた

配信

BuzzFeed Japan

中国で爆発的に感染拡大した新型コロナウイルスは、欧米やアジアなど各国に広がりました。多くの感染者や死者が出る中で、多くの国は外出制限などで対策しました。今、感染者数も少しずつ減少し、外出などを緩和、経済活動を再開している国もあります。「第二波」に備え、感染予防をしながら生活する「With(ウィズ)コロナ」の新しい日常では、どんな工夫があるのでしょうか?BuzzFeed Newsは、中国、韓国、カナダ、フランスに住む人々に話を聞きました。【BuzzFeed Japan/冨田 すみれ子】

中国:サービス業では「無接触」「消毒済み」が売り、政府はQRコードで人々を管理

中国・上海に住む20代の日本人女性はBuzzFeed Newsの取材に対し「サービス業は『無接触』や『消毒済み』が売りになってきて、ホテル予約サイトでもフィルターに出てきました」と話します。 タクシーや施設内のエレベーターなど、多くの場所には「今日消毒しました」と書かれたステッカーが貼られ、消毒での安心感を客にアピールしているそうです。 「無接触」を売りにするホテルでは、チェックインなどを対面でしないなど、人と接触する機会を最低限に減らしたサービスを提供。 女性が最近、宿泊したホテルでは、アルコールスプレーや消毒ジェルがアメニティとして提供されたと言います。

この女性が「一番影響が大きかった」と話すのは、マスク着用必須化と「健康コード」の利用。マスクを着用していないと、公共施設や電車なども利用できないといいます。 「健康コード」とは、人々の健康状態や移動履歴などを管理するQRコードで、街中の各所で健康状態であることが証明する必要があります。 利用者は自分の体温などを入力し、健康状態を証明するシステムで、中国各地でこの健康コードが導入されています。 「QRコードが緑なら健康、黄色は要注意、赤は危険で滞在履歴などによって色が変わります。ジムやオフィスビルなど人混みになる場所はだいたいこのコードを提示しないと入れません」(女性)

【関連記事】