Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「人混み避け…」キャンプ盛況 週末、首都圏からも 施設では当面...350組→100組入場制限

配信

NBS長野放送

新型コロナの影響で人混みを避けたアウトドアのニーズが高まっています。長野市戸隠のキャンプ場もこの週末、長野県内外から多くの利用者が訪れました。 バーベキューをしたり…体を動かしたり…。長野市の戸隠キャンプ場です。 20日は移動制限が解除されたこともあり、県内外からおよそ60組250人が訪れました。 茨城から: 「仕事以外だとプライベートはなかなか表に出ることが難しかったので、こういう自然の中で過ごすのが人間らしいかなと」 「外の方が楽しい」 東京から: 「長野のきれいな自然の中で新鮮な空気を吸って、リフレッシュして東京に帰りたい」 株式会社戸隠・武井智史 営業本部長: 「客の動きが出てきた。きょう(土曜日)から関東の方からも予約をもらうことが多い」 近年のアウトドアブームに加え、新型コロナの影響で人混みを避けようと今、キャンプの人気が高まっているようです。こうした状況に戸隠キャンプ場もより一層、感染防止対策に力を入れています。 検温: 「36度7分。36度3分、はい大丈夫です」 まずは、訪れた人の検温を徹底。 また、通常は最大350組まで受け入れ可能ですが、今月中は100組までに利用を抑えテント同士の距離を取るようにしています。 市内から: 「広いところなら感染も問題ないかなと。家族と気晴らしに来た」 戸隠キャンプ場では7月以降は、感染状況をみながら入場できる人数を増やしていくことにしています。 株式会社戸隠・武井智史 営業本部長: 「それぞれ間隔をあけてもらいながら、思いっきり日ごろのストレスを解消して楽しんでもらえれば。こちらの方も万全にコロナ対策をしながら元気に営業したい」

長野放送