Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

追憶のアイスクリーム

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 「久しぶり~」  運転しながら車窓の風景に思わず語りかけていた。  こうして首都高を走るのは3カ月ぶりか。  首都高渋谷線から見える谷町ジャンクションのカーブ。  芝公園を降りて、ぐるぐると神谷町界隈を走る。  私は虎ノ門の病院に通っている。  この辺りもこの3カ月で変わった。  日比谷線の「虎ノ門ヒルズ駅」が開通。  ここに駅ができるまでの長かったこと。  関東大震災からの復興のため、この一帯に環状道路が計画されるも頓挫。  戦後にも環状道路が計画されたが、GHQの反対でまたもや頓挫。  やっと〝マッカーサー通り〟こと新虎通り・環状2号線が完成。    これは、1964年の東京オリンピックで環六、環七、環八と同様に大動脈として欲しかった道だ。  そして、東京オリンピック2020。  すったもんだの末に決まった五輪マークが虎ノ門ヒルズに輝いている。  しかし、東京五輪もどこ吹く風。人々が物事を「忘れる」早さにちょっと驚く。

 でも、「忘れる」というのが、霊長類ヒト科という生き物の特徴かもしれない。  私は自分の中で、記憶を反芻する。  新型コロナウイルスが蔓延する2月ごろまで、私は虎ノ門ヒルズ界隈をコートの襟を立て新橋、虎ノ門、神谷町の試写室やホテルオークラの英国式バー ハイランダー(現『ロビー バー』)へ立ち寄るために行ったり来たりしていたのだ。  3カ月も都会に出ない感覚は、過酷な長期海外ロケのようだった。  家にこもるので出費もなかろうと思いきや、光熱費はいつもより多く払った。また、医療従事者への救援物資や食材を取り寄せたりで、なんだかんだお金が出ていった。  東京の自宅にいながらにして、これは本当に奇妙な感覚だった。  遠く離れた友人とちょっと話す機会があった。  「甘いものなど欲しがらない私が甘いものばかり欲して体調を崩した」という。コロナ明け(こういう言い方もなんだか妙だが)に糖を抜くと、ぐっすり安眠できて翌朝目覚めも良く体が楽だったという。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS