Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「才能の塊 」当時19歳の“悪童”バロテッリが決めた圧巻の無回転FK【ビューティフル・フリーキック】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
超WORLDサッカー!

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。 【動画】19歳のバロテッリが放った圧巻の無回転FK この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。 今回は、元イタリア代表FWマリオ・バロテッリがインテル時代に決めたフリーキックだ。 気づけば30歳を迎えたバロテッリだが、頭角を現したのは2010年まで在籍したインテル時代だった。2009-10シーズンには当時まだ19歳ながら公式戦40試合に出場し11ゴール9アシストを記録。インテルの3冠達成に戦力として大きく貢献した。 2009年12月9日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループステージのルビン・カザン戦では、そのポテンシャルを見せつける圧巻のFKを決めている。 インテルが1-0とリードして迎えた64分、ゴール正面の位置でFKを獲得する。ゴールまでは30m以上距離があったものの、キッカーのバロテッリは直線的な助走から右足を一閃。放たれた無回転シュートは、相手GKの目の前で大きくブレ、ゴール中央上に突き刺さった。 バロテッリは2019-20シーズンから故郷のブレシアに加入。しかし、シーズン終盤にかけてはクラブとの確執により構想外に。加えて、ブレシアのセリエB降格に伴い、今夏の退団が決定的な状況。今後の動向に注目したところだ。

超WORLDサッカー!

【関連記事】