Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

キャサリン妃、今日の“Zoomファッション”は「プチプラブランド」の花柄ワンピで話題に!

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

新型コロナウイルスのパンデミックに見舞われる中、世界中で隔離生活を余儀なくされている人々と同様に、イギリスのロイヤルファミリーも公務に「Zoom」を活用している。そして、キャサリン妃が画面に登場するたび、注目を集めるのはそのファッション。 【写真】毎回話題! テレワークスタイルもおしゃれなキャサリン妃の「Zoomファッション」を総覧 6月18日(現地時間)にオーク・ナショナル・アカデミーの朝礼にバーチャルで出席するために同妃が選んだのは、マークスアンドスペンサーの春らしいフローラルプリントのワンピース。ヘアスタイルは、センターパートのゆるいウェーブにしていた。

オーク・ナショナル・アカデミーは、パンデミックを受けて組織されたイギリス国内の学校のオンライン・ネットワーク。学校の閉鎖が続き、子どもたちが自宅で学習していることから、同アカデミーは保護者や教師たちに必要なリソースを無料で提供。また、生徒たちが通常の学校生活のルーティーンや環境を忘れずにいられるようにするため、毎週木曜日にはデジタル朝礼を行っている。 事前に撮影した動画を再生してもらう形で参加したキャサリン妃は、子どもたちのメンタルヘルスとウェルビーイングを維持することの重要性について語り、「小さな親切を広めることが大切」とのメッセージを送った。 「友人でも家族でも、学校の先生でも、誰かと話すことで、少しでも気持ちが楽にすることができます。皆さんもまた、話を聞いてあげたり、助けが必要な人を支援してあげたりすることで、誰かの気持ちが楽にしてあげることができます。小さな親切は、大きな役割を果たすことができるのです」 「ただ、私たちは誰かを助けると同時に、自分を幸せにしてくれることに集中するための時間を取り、自分自身を大切にすることも忘れてはなりません」 3人の子どもがいるウィリアム王子夫妻。王子はすでに通常の形での公務を再開したが、キャサリン妃はまだバーチャルでの公務を続けている。妃のフルレングスのドレスルックを拝める日を楽しみに待ちたい!

【関連記事】