Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

マンC戦に臨むレアル、宿泊するのは“スペシャル”なホテル

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER KING

 8月7日にチャンピオンズリーグのラウンド16セカンドレグ、マンチェスター・C対レアル・マドリード戦がエティハド・スタジアムで行われる。イギリス政府はスペインからの入国者に対し、入国後14日間の自主隔離生活を義務付けているが、レアル・マドリードの選手たちに対してはこの措置は適応されず、一行は8月6日にマンチェスター入りする予定となっている。  スペイン大手紙『アス』電子版によると、チームが滞在するのはマンチェスター市内の5つ星ホテル『ザ・ロウリー・ホテル』で、衛生面における万全の安全対策を取った上で8月1日に営業を再開したばかりだという。  選手たちは滞在期間中、特別な場合を除いてホテル内の共有施設に立ち入ることはできず、エレベーターもホテル側が操作する。フロントでチェックインする必要はなく、部屋の鍵はスマートフォンを使って開閉できる仕様になるという。  ちなみにこの『ザ・ロウリー・ホテル』は、かつてレアル・マドリードの指揮官も務めたジョゼ・モウリーニョ監督(現トッテナム)がマンチェスター・Uを率いていた時に滞在していたホテルだ。  モウリーニョ監督はロンドンに自宅を持っているため、マンチェスターでは部屋を借りず、ホテル暮らしを貫いた。合計895泊にわたって滞在し、宿泊費は60万ユーロ(約7520万円)に上った。宿泊費はマンチェスター・Uが支払ったとのことだ。

SOCCER KING

【関連記事】