Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

刑務所にいるのと同じ!? 専門家が伝授する、外出自粛のイライラをコントロールする方法

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 ソーシャルディスタンシングや外出自粛をめぐる認識は日々変化し、ルームウエアを着て過ごすことの目新しさは薄れてきた。インスタグラムであれほど見かけたバナナブレッドの投稿も2週間前ほど頻繁ではなくなっている。  けれど、ひとつだけ高まっているものがあるとすれば、それは人々のイライラだ。自分自身がかんしゃくを起こすにせよ、家の中にいる誰かが怒りっぽくなるにせよ、突然空気に苛立ちが混じることがある。ネットベースの世論調査に特化したYouGovは先週、イギリス人の48%が現在ストレスを感じており、42%がフラストレーションを覚えているとレポートした。 【写真】有名医師が指南! おうちでできる“コロナ疲れ”を解消する11の方法 鍵をかけて閉じ込められているわけではないけれど、ロックダウン生活は刑務所に収監されているのとある種似ているとNPO組織Benenden Healthの代表シェリル・リスゴー(Cheryl Lythgoe)は説明する。 「今の状況は、刑務所内のメンタルヘルスと似ているという報告がWHOから出されています。社会的ネットワークから隔離された気分や、将来への不安、意味ある活動の欠如感などが入り込んできて、私たちの回復力に間違いなく影響を及ぼしています」と彼女は言う。 最初は、不安はあったものの楽天的だったが、ムードは明らかにシフトし始めた。それぞれが実行していたサバイバル作戦が途中で挫折してしまうこともある。「研究から、どんな種類の災害でも、人間は、初期の頃は生活にさまざまな適応策を講じて対応することがわかっています。メンタルヘルス的には非常に短いハネムーン期間があって、その後、急降下するのですが、それがどのような経緯をたどり、どのくらいの時間がかかるかには個人差があります」とDragonfly CBD Oilの薬剤師でアドバイザーのサルタン・ダジャーニ(Sultan Dajani)は言う。

どうしてイライラするのか?

ありとあらゆることが、イライラの引き金になる。例えば、インターネットの接続が悪い、パートナーがくだらないことを言った、スーパーへ買出しに行ったのに何か忘れたことに気づくなど。しかし、以前であればその場を立ち去ることができたかもしれないのに、避難ルートを作りあげることがかなり不可能なのが現在で、それが、文句を言ったり感情を大声で爆発させたりすることの増加につながっている。 「不安感は、普通、心配や落ち着かない気分、恐ろしさなどの結果として持つもので、これが過度にイライラしているように見える人もいるのです」とリスゴー。また、ウェルビーイングの慈善団体CABAのメンタルヘルス専門家カースティー・リリー(Kirsty Lilley)によると、自分ではコントロールできない気分とも関係しているという。 「イライラは脅威システムと関係していて、普通は、現在感じているストレスに圧倒されているというサインです。いつものルーティーンに生じた変化、不健康な睡眠パターン、家庭と仕事を両立させることや、達成感や喜びを感じることが少なくなったことなどは、どれもイライラを感じる要因になります」と彼女は説明する。

【関連記事】