Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

友情、努力、笑顔? 『Nizi Project』が打ち出した“新しいオーディション番組”の形

配信

オリコン

 Huluで配信され、地上波のドキュメンタリー番組『虹のかけ橋』(日本テレビ系)や、『スッキリ』(同)の特集でも紹介されて、大盛況のまま幕を閉じた日韓グローバル・オーディション『Nizi Project』。その後、NiziUとして合格者のデビューが発表されると、デビュー曲のMVが公開翌日には1000万回再生、配信でもオリコン週間デジタルランキングでデジタルシングル(単曲)、デジタルアルバム、ストリーミングの3部門同時1位(7/13付)を獲得するなどますます注目の的に。そんな中、SNSで話題を集めていたのがプロデューサーのJ.Y.Parkだ。数々の名言をはじめ、練習生と接するときに見せる笑顔が印象的で、それらは今までの概念とは異なるものだった。『Nizi Project』は、“努力・根性・涙・挫折”そして最近では“裏切り”といったキーワードをともなう従来のオーディション番組を覆す、「新しいオーディション番組」のフォーマットを築き上げたと言えるのではないだろうか。 【写真】まだちょっと幼い? 『虹プロ』オーディション初期からデビューまでを振り返り ■配信&地上波放送の両刃使いで大躍進、連日トレンド入り  『Nizi Project』は、日本のソニーミュージックとJ.Y.Park が設立した韓国の芸能事務所JYP Entertainmentとの共同事業としてスタート。「世界で活躍できるガールズグループ」を発掘・育成するとして、その様子をHuluでフルサイズ(完全版)で配信しながら、『虹のかけ橋』など日本テレビ系の地上波で放送されると、たちまち話題となった。  特に朝の情報番組『スッキリ』では、緊急事態宣言の発令中で在宅勤務・外出自粛というタイミングもあってか、主婦層を筆頭に幅広い層の支持も獲得。SNSでは、「なぜか何度も見たくなる」、「今後どう成長していくか楽しみ」といったコメントが多く、わが子を応援するかのように感情移入する視聴者が多数見られたのである。  さらには『スッキリ』のレギュラー陣が、視聴者と同じ目線で応援する“オタクっぷり”も視聴者に親しみを与えた。メインMCの加藤浩次が「一生懸命に勝る才能はないんだなあと思いました」とまとめると、SNSでも「私の気持ちを加藤さんが代弁してくれた」と称賛された。こうした地上波を入口として『Nizi Project』にハマり、もっと推しのことが知りたくなった視聴者は配信のフルサイズを観る…という地上波・ネットの両者がウィンウィンとなる“好循環“も定着。配信時間や放送時間になると、連日トレンド入りするまでに至ったのだ。

【関連記事】