Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

西武源田、球児の思いも胸に開幕へ 「僕らが野球をできていることは当たり前でない」

配信

Full-Count

「僕自身も高校球児の必死な姿に元気をもらっていた」

 西武の源田壮亮内野手が21日、夏の甲子園が中止になったことを受け目標を失った球児たちに向け「僕自身も高校球児の必死な姿に元気をもらっていたので寂しい気持ちは大きいです」と語った。 【画像】幸せオーラが半端ない! 西武源田が妻で元乃木坂46の衛藤美彩さん掲載雑誌と“2ショット”  高校3年生は春夏と甲子園でプレーする機会がなくなり「特に3年生にとっては心苦しいことだなと思います。夏の風物詩で日本中が楽しみにしているものでしたし、僕自身も高校球児の必死な姿に元気をもらっていたので寂しい気持ちは大きいです」と球児の心情を思いやった。  当時の自身と重ね合わせ「僕が同じ立場だったらと考えても、どういう言葉をかけてあげられるのかなと。正直難しいです。でも3年間みんなで頑張ってきたものはこれからの人生に繋がっていきます。僕自身、甲子園に出場したことありませんが大学、社会人と進んで遅咲きと言われながらもプロになれましたし、すぐに切り替えるのは難しいと思いますが、これを糧に前を向けるときが来たらしっかり前に進んでほしいと思います」とエールを送った。  チームは開幕に向け準備を進めているが「延期の間に甲子園の中止などが決まって、僕らが野球をできていることは当たり前でないことを実感しましたし、色々な方の協力があって開幕しようとしているので元気を届けられるようにプレーしていきたいと思います」と、球児の思いも胸にプレーしていくことを誓った。

Full-Count編集部

【関連記事】