Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【MLB】ルースのWARはヤンキースの現役選手13人分!?

配信

MLB.jp

 メジャーリーグ公式サイトのマイケル・クレアは、球団史上最高のWAR(Baseball-Reference版)を記録した選手と現役選手を比較し、「何人の現役選手を集めれば球団史上最高の選手を超えられるか」という企画を実施。クレアの記事によると、ロースター内の現役選手のWARを合計しても球団史上最高の選手を超えられないチームは12球団も存在する。ここでは、この企画の結果を紹介する。

 各選手のWARは該当チームに所属している期間に記録したものが使用されている。球団史上最高の選手を超えられなかった12球団は以下の通り。

オリオールズ:カル・リプケンJr.(95.9) ブルージェイズ:デーブ・スティーブ(56.8) ホワイトソックス:ルーク・アプリング(77.1) タイガース:タイ・カッブ(144.7) ツインズ:ウォルター・ジョンソン(164.5) マリナーズ:ケン・グリフィーJr.(70.6) ブレーブス:ハンク・アーロン(142.6) マーリンズ:ジャンカルロ・スタントン(35.7) フィリーズ:マイク・シュミット(106.9) パイレーツ:ホーナス・ワグナー(120.1) パドレス:トニー・グウィン(69.2) ジャイアンツ:ウィリー・メイズ(154.6)

 現役選手が球団史上最高のWARを記録しているケースも存在する。エンゼルスのマイク・トラウト(72.8)だ。トラウトは2017年シーズン中にチャック・フィンリー(51.8)を上回り、WARで球団史上1位に躍り出た。

 一方、複数の現役選手を合計することで球団史上最高の選手を超えられるチームは以下の17球団である。

レッドソックス:テッド・ウィリアムス(121.9) 6人 ダスティン・ペドロイア(51.6) ザンダー・ボガーツ(21.5) ジャッキー・ブラッドリーJr.(15.9) クリス・セール(15.3) アンドリュー・ベニンテンディ(9.9) J・D・マルティネス(9.8)

【関連記事】

最終更新:
MLB.jp