Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

来シーズンは黄色+スイカ? ヤマハの電動スクーター「E-Vino」2021年モデル登場

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

充電旅でおなじみのEビーノに新色

ヤマハは、エレクトリックコミューター(電動スクーター)の「E-Vino(イービーノ)」のカラーリングを変更し、2021年モデルとして2020年11月20日に発売する。某TV番組でおなじみのカラーはオレンジだが、来シーズンは新色の黄色または白に変更か?! 【写真×8枚】ヤマハ「E-Vino」のスタイリングとカラーリング

補助金は2021年3月1日まで! ボップなイエロー×ホワイトおよびホワイトが登場

某TV番組でもおなじみの、旧ビーノをベースにした電動スクーターが「E-Vino(イービーノ)」。着脱式のリチウムイオンバッテリーで駆動し、2つのパワーモードを持つほか、加速したいときや登り坂で30秒間作動するブーストモードを装備している。航続距離29kmという“ちょうどよさ”が充電旅番組にうってつけとなり、放送がある土曜日には「電動バイク」の検索件数も跳ね上がる。シート下トランクにスペアバッテリーを収納することも可能だ。 発表された2021年モデルでは、ポップなイエローとクリーンなホワイトのツートーンで明るくアクティブな「イエロー×ホワイト」と、従来のホワイトカラーをベースにグラフィックをブラックからダークネイビーに変更し、よりクリーンなイメージを表現した「ホワイト」の2色が登場した。どちらのカラーもホワイトのメーターリングを新採用している。 E-Vinoは、原付一種スクーターの旧Vino(ビーノ)をベースに開発された、ヤマハの電動コミューター第4弾。モーター出力制御によるスムーズな加速感や極低速での優れた実用トルク、着脱式バッテリーによる容易な充電などにより、快適な近距離移動を実現している。製造はヤマハモーター台湾で行われる。 購入にあたっては、書類の提出のみで済む「クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金〔CEV補助金〕」の対象となり、E-vino購入後に補助金として 2万6000円が交付される。 ※車両登録後1か月以内に、対象となる条件を満たすことを証明する各種書類を1回提出(申請者により必要書類は異なります)。 ※詳しくは、一般社団法人次世代自動車振興センターをご確認ください。 価格は少し上がって26万9600円、発売日は2020年11月20日だ。

YAMAHA E-Vino[2021 model]

主要諸元■全長1675 全幅660 全高1005 軸距1160 シート高715(各mm) 車重68kg(装備)■交流同期電動機 定格出力0.58kW 最高出力1.6ps/3760rpm 最大トルク0.80kg-m/330rpm 変速機構なし バッテリー種類/型式リチウムイオン電池/ESB4-0■タイヤサイズF=90/90-10 R=90/90-10 ●価格:25万9600円 ●色:黄×白、白 ●発売日:2020年11月20日

【関連記事】