Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

U-23代表FW食野、マンCから今季レンタル中のハーツ退団 2部降格…15選手の放出発表

配信

Football ZONE web

クラブ公式サイトで発表、マクフィー暫定監督らも退団

 来季スコットランド2部への降格が決まったハーツは1日、U-23日本代表FW食野亮太郎ら15選手が退団すると公式サイトで発表した。クレイグ・レヴェイン前監督やオースティン・マクフィー暫定監督らも退団する。 【動画】「中村俊輔以来に良い」との称賛も! ハーツ退団の食野亮太郎、強豪レジャーズ戦で決めた絶妙ボレー弾  食野は昨夏にJリーグのガンバ大阪から、プレミアリーグの強豪マンチェスター・シティに完全移籍。その後、ハーツに1年契約でレンタル移籍し、公式戦21試合に出場し3得点1アシストをマークしていた。  しかし、スコットランド1部リーグは新型コロナウイルスの感染拡大を受けて5月下旬にシーズンの中止が決定。その時点でリーグ最下位に沈んでいたハーツは、来季の2部降格が決まっていた。  ハーツは公式サイトを通じ、レンタル中の食野や2017年にヴァンフォーレ甲府に在籍していた元オーストラリア代表MFオリヴァー・ボザニッチらを含む計15選手の退団が決まったことを発表。昨年10月に退任し、育成に携わっていたレヴェイン前監督や、暫定監督としてチームを率いたアシスタントコーチのマクフィー氏もチームを去ることになった。

Football ZONE web編集部

【関連記事】