Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

千葉ジェッツのリーグ初制覇の鍵を握るセバスチャン・サイズ「中心選手になる準備はできている」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
バスケット・カウント

「リーグ優勝に貢献することが正しい選択だと思いました」

文=鈴木栄一 写真=©IKEMENKOHO セバスチャン・サイズの千葉ジェッツ加入は、今オフを代表する移籍となった。身長205cmの彼は昨シーズン、サンロッカーズ渋谷において持ち前の機動力でコートを縦横無尽に駆け回り、228cmのウイングスパンを生かし攻守においてゴール下で圧倒的な存在感を発揮した。千葉に悲願のリーグタイトルをもたらす切り札になれるか、大きな注目を集めるリーグ随一の走れるビッグマンに、新シーズンへの意気込みを聞いた。 ――母国スペインを中心に移籍先にいろいろな選択肢があった中でBリーグ復帰を選び、さらに千葉への加入を決めた理由を教えてください。 まず、素晴らしい経験ができた日本に戻ってくることができてうれしいです。昨シーズンは個人としても良い結果を残せたことで、移籍市場がオープンになった時、世界中からいろいろなオファーがありました。もちろん母国のスペインを筆頭にヨーロッパに残ることも検討しましたが、日本に戻ることが自分にとってベストと判断しました。 中でも千葉ジェッツからのオファーは魅力的でした。千葉はこれまでも天皇杯3連覇、レギュラーシーズン最高勝率を達成するなど、見事な成績を残しています。昨シーズンも好成績でしたが、そこからさらに強くなろうという意欲があります。Bリーグで優勝したことはないですが、今のチームにはその力があります。自分が加入してリーグ優勝に貢献することが正しい選択だと思い、加入を決めました。 ――シーズン中断が決まった後、コロナ禍の中でスペインへ帰国するのはとても大変だったと思います。 とても奇妙な状況でした。2月に代表活動でスペインに一度戻りました。そして日本に戻ってきた日、リーグが延期になると聞かされました。その後、練習はしていましたが、いつ再開するのか、これからどうなるのか分からない日々を過ごしました。約1カ月後にリーグの打ち切りが決定したのですが、その時にはすでにスペイン行きの飛行機の便はない状況でした。幸運なことに大使館が特別に便を手配してくれたので他のスペインの人たちと一緒に帰ることができました。 ――新シーズンでは外国籍選手のレギュレーションが変わり、昨シーズンと違って3人全員のベンチ登録が可能となります。昨シーズンのSR渋谷ではローテーション制が取られ、出場試合が限定されていました。この変更についての感想を聞かせてください。 SR渋谷では3人の試合数、出場時間はほとんど同じでしたし、起用法には納得していました。チームの結果が示すように、ローテーションは上手く行っていたと思います。それでも今シーズン、3人がベンチ入りできて一緒にプレーできるのは素晴らしいことで、ルールの変更には満足しています。

【関連記事】