Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

プロ野球の開幕延期は誰が決めた? 新型コロナ問題に対応するNPBの「不思議な意思決定」

配信

REAL SPORTS

新型コロナウイルス問題への対応に追われ、無観客試合の開催、開幕の延期、再延期といった対応を余儀なくされているプロ野球界。では、そもそもプロ野球を運営する上での重要事項を決めているのは誰なのか? 理事会、実行委員会、オーナー会議……、その組織体は非常に複雑でわかりにくい構造になっている。今後、新型コロナウイルス問題がさらに混迷を極めれば、ガバナンス上のリスクも懸念されるプロ野球の「不思議な意思決定」を紐解く。 (文=大島和人、写真=KyodoNews)

プロ野球の構造は「二世帯住居構造」

全世界のプロスポーツが、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う日程再編を強いられている。問題が収束する見通しはほとんど立たず、リーグ戦の中断期間は伸びる一方だ。 日本のプロ野球を例に挙げれば、2月末にまずオープン戦が無観客開催となった。さらに当初は3月20日に予定されていた開幕の延期が、3月9日に決定している。開幕は3月23日に4月24日以降まで繰り下げられた。オープン戦の日程終了後も続けられていた練習試合は打ち切られた。 3月26日には選手の新型コロナウイルス感染が判明。各球団は練習も含めた活動休止を相次いで決めた。4月3日の12球団代表者会議で、開幕戦を5月中旬以降へ繰り下げる再々延期が決まり、今に至っている。 そもそもプロ野球の日程、新型コロナウイルス対策を討議しているのは誰か? それを今回は皆さんに紹介したい。 注意深く報道を見ていると、不思議な現象に気づくだろう。4月3日に日程の再々延期を決定したのは12球団代表者会議だった。一方で4月6日にフリーエージェント制度の特例などを討議した会合は「日本野球機構(NPB)の理事会と12球団による実行委員会」と記事にある。 他競技の例と比較してみよう。例えばサッカーのJリーグ、バスケットボールのBリーグは公益社団法人だ。株式会社の取締役会に相当する理事会が原則毎月開催される。各クラブの代表権を持つ経営者が議論する実行委員会という機能もある。定例、臨時の実行委員会で集約された方向性を、理事会が決定する流れだ。 プロ野球のガバナンスは複雑で、少し掘り下げた説明が必要だ。その構造は一般社団法人日本野球機構(NPB)と日本プロフェッショナル野球組織(プロ野球組織)の二世帯住居構造になっている。 他の主要競技は公益社団か公益財団で、大学野球や高校野球の統括組織も公益財団法人として運営されている。それと比較して、まず一般社団法人に留まっていることは大きな驚きだ。

【関連記事】