Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「腸活」で新型コロナを防ぐ!? あなたの“腸内フローラ”を活性化させるオススメ食材

配信

文春オンライン

 新型コロナウイルスの流行以来、マスクやアルコールジェル、トイレットペーパーまで店頭から姿を消したことは記憶に新しいが、納豆の品薄が続いていたことに気づいた人も多いだろう。 【写真】この記事の写真を見る(4枚)  納豆を食べることがウイルス感染対策になるかどうかはまだ科学的に証明されていないが、「納豆を食べて免疫力がアップする人もいる可能性はある」と慶應義塾大学特任教授で腸内環境研究のリーディングカンパニーであるメタジェン社CEOの福田真嗣氏は言う。 「納豆という発酵食品を摂取することが結果的に免疫機能に良い効果をもたらすからです。ただ、そういった食べ物は納豆に限らず他にもたくさんあります」

腸内フローラで免疫細胞を「教育」する

 食事に気をつけて人間の腸内に棲んでいる腸内細菌の集まりである腸内フローラを活性化し、フローラによって作られる「短鎖脂肪酸」を増やして健康増進をはかるいわゆる「腸活」の大切さが言われて久しいが、腸活が新型コロナウイルス対策にもなる可能性はおおいにあるようだ。 「腸には免疫機能にたずさわる細胞の約70%がいると言われており、ここで腸内フローラが体内の免疫細胞たちの『教育』をしてくれることがわかっています。この免疫細胞はのどや気管、目、鼻など体中の粘膜を移動できるため、腸内フローラにより免疫細胞がうまく教育されていれば、全身の粘膜でその免疫機能が発揮されます。これにより新型コロナウイルスを必ずブロックできるというわけではありませんが、感染を予防できる可能性は高まります」  では何を食べれば腸内フローラが活性化し、免疫力アップになるのか。

 福田氏によると、腸内細菌の種類やバランスは人によって異なるため、効果が望める食材も人によって異なり、誰にでも効果のあるスーパー食材というものは残念ながらなさそうだ。

“プレバイオティクス”が腸内フローラのエサになる

「腸内フローラから産生される短鎖脂肪酸が免疫力アップに関わることが報告されているので、さまざまな食品を幅広く食べることをおすすめします。特に腸内フローラのエサとなるプレバイオティクス(食物繊維やオリゴ糖など)を摂ることです。自分の体に合うと感じられる乳酸菌やビフィズス菌が入ったヨーグルトや発酵食品などがあればそれもいいでしょう。腸内フローラに短鎖脂肪酸を産生させるには、いろいろなエサを用意する必要があります。腸内細菌は私たちが口にしたものにしかありつけないので、食生活を正し、きちんと面倒をみてあげましょう」  また新型コロナでは、サイトカインストームと呼ばれる免疫系の暴走で重症化するケースが多いことが報道されている。やはりサイトカインストームによる死亡が多かったと推測されている100年前のスペイン風邪の際、日本では比較的致死率が低かったと考えられているが、日本人が多く食べていた海藻に含まれるフコイダンという食物繊維がサイトカインストームを起こしにくくしたのではないかと推測されている。 「フコイダンが腸内フローラを介して免疫系に働きかけた結果、感染を抑制した可能性はあるかもしれません」  当時のウイルスはもう存在しないため結論は出ていないが気になるところだ。  新型コロナウイルスはいったん落ち着きそうな気配を見せているが、第2波、第3波の到来も懸念されている。今からでも食生活を工夫し、免疫力アップに励みたい。  腸内フローラを食事で鍛え、全身の免疫機能をアップさせるにはどうしたらいいのかについて福田真嗣氏が詳しく解説する「 『腸内細菌』を食事で鍛える 」の全文は、「文藝春秋」6月号および「文藝春秋digital」に掲載されている。 ※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。 @gekkan_bunshun  のフォローをお願いします。 ※音声メディア・Voicyで「 文藝春秋channel 」も放送中! 作家や編集者が「書けなかった話」などを語っています。こちらもフォローをお願いします。

青木 陽子/文藝春秋 2020年6月号

【関連記事】