Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

名前に“橋”がつく交差点の謎…「暗渠」で味わう街歩き いたる所にサイン…スマホ片手に「AR時間旅行」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
withnews

「暗渠」って知ってますか? 読み方は「あんきょ」です。一見、まわりと変わらない風景だけれど、道幅や建物の様子がちょっと違うエリア。実はそこ、かつて川の流れがあった「暗渠」かもしれません。高層ビルが立ち並ぶ東京都心も、昔は、水路がはりめぐらされた都市でした。地震や空襲からの復興、再開発など様々な理由で「暗渠」になった川や水路たち。スマホのグーグルマップを片手にめぐりながら見えてきたのは、街の歴史が現実世界と重なって浮かび上がるAR(拡張現実)体験でした。 【画像】見慣れた東京の風景に潜む「暗渠」の写真はこちら…よく見ると足元に川が!

家のごく近くでできる「冒険」

※記事では、川の跡全般について「暗渠」と記しています。 東京に住んでいると川がないのに「橋」のつく交差点が多いことに気づきます。橋があるということは、川があったということ。道路の下には今も川が流れているかもしれないのに、誰も気づかない……。 「普段歩いている街でこそ、暗渠によって新しいFINDが経験できるのではないかと思います」と語るのは『暗渠パラダイス!』(朝日新聞出版)の著者、高山英男さんです。 高山さんが、街歩きの進化形として暗渠があると言います。 「拡大・細分化する街歩き市場は、かつて『街を訪れ名所を“Enjoy”する』ことから、ブラタモリの登場によって『街の成り立ちや歴史を“Learn”する』に変わってきました。しかし今は、『自分なりの視点をもって愉しさを“Find”する』時代になりつつあると思っています。その“Find”のひとつの装置が暗渠です」 『暗渠パラダイス!』の共著者である吉村生さんは、「街角の違和感の解消」を挙げます。 「『なんだか変な空間だな』などの違和感が『ああ、川だったからなんだ!』と解消する瞬間は爽快感があります。『暗渠=川』は、水源から海まで、ずっと続くもの。つまりこの川はどこまでもたどれるはずで、一体どこまでいけるだろうか? この先、何があるだろうか? という冒険心がくすぐられます。それが旅行に行かずとも、家のごく近くでできてしまうのです」 吉村さんは、それらの魅力を「街の味わいの深化」と説明します。 「川の歴史を知ることにより、現地において、足元に重層的にものがたりを感じられるようになります。見える景色に、水面や魚、洗濯物やほとりで暮らす人々、船、などが自前CGとして重ねられるような気がしてきて、新たな見え方が獲得できるのです」

【関連記事】