Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

電気機関車になったスズキ・アルト プロ仕込み魔改造でATS音完コピ、まんま電車な動画が話題

配信

withnews

軽乗用車のスズキ・アルトを電気機関車みたいにしてしまった猛者がいます。発車の“儀式”を体験できるように、本物のATS鳴動部品とプロ仕様の回路図でカスタム。その鉄道愛に迫りました。(北林慎也) 【写真と動画】“電気機関車アルト”のディテール

なぜか電車

5月7日、アルタラボさん(@ALTALaboratory)がツイッターに投稿した動画が話題になっています。 スズキ・アルトの運転席に座り、エンジンを始動して発進させるだけの映像。 なのに、その一連の動作と音が、なぜか電車です。 シートベルトを締めると、まずは警笛。 さらに、指さし確認しながらスイッチ動作を繰り返し、装置の作動音やチャイムが鳴り響きます。 そして最後に、ATシフトレバーをDレンジに入れてブレーキペダルから足を離すと、「プシュー」という空気ブレーキ排気音とともに、クルマが動き出します。 目を閉じて音だけ聞いていると、本当に電車です。 途中で流れる「ETCカードが挿入されていません」というご愛敬の自動音声だけが、この乗り物がクルマだったと思い起こさせます。 この動画投稿には、1.3万以上の「いいね」が寄せられています。 アルタラボさんに、コンセプトと制作にまつわるエピソードを聞きました。

「そうだ、積んでしまおう」

現在22歳のアルタラボさんは、3歳の頃からの鉄道ファン。 工業高校の電気科を卒業後、鉄道会社の電気部門(信号機や踏切、列車に対する安全装置の保守業務)に就職しました。 「鉄道以外の現場でも経験を積みたい」と、今は電気通信工事関係の会社に勤めています。 そんなアルタラボさんの愛車は、2016年から乗るスズキ・アルト。 近所の中古車店にあった、下から2番目に低いグレードの新古車でした。 アシグルマとして割り切って買ったそうです。 このベーシックでプレーンな軽乗用車に乗りながら、ある考えが頭をよぎります。 「アルトに乗りながら、ATS(自動列車停止装置)の音を聞きたい」 群馬県安中市にある鉄道テーマパーク「碓氷峠鉄道文化むら」で、EF63型電気機関車の運転体験に夢中というアルタラボさん。 特に、ATSの独特の動作音に強く惹かれたといいます。 アルタラボさんは、「運転体験を数十回と重ねるごとに、『この音をもっと身近に、実働的に聞きたい』と思うようになります」。 「そして、ただ机の上で鳴らすだけではつまらないと感じ、『そうだ、アルトに積んでしまおう』と思いつきました」

【関連記事】