Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

花東初戦突破 秋季高校野球東北大会

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
岩手日日新聞社

 第73回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高野連主催)は14日、石巻、仙台の両市民球場を会場に開幕した。初日は1、2回戦6試合が行われ、本県第3代表の花巻東は1回戦で鶴岡東(山形第3)を破り、2年ぶりに初戦を突破した。  新型コロナウイルス感染防止のため、開会式は行われなかった。第1代表の盛岡大附は2回戦で羽黒(山形第2)に敗れ、準々決勝進出はならなかった。  15日は両球場で2回戦4試合を実施し、第2代表の一関学院は東日大昌平(福島第1)と対戦。花巻東は角館(秋田第1)と顔を合わせる。

花巻東が快勝

 【花巻東7―2鶴岡東】投打のかみあった花東が、鶴岡東を下した。二回に7番平井の犠飛で先制し、三回には4番菱川の適時二塁打でリードを広げた。七、八回には相手2番手を打ち崩し、加点した。主戦菱川は8回を投げて4安打2失点と試合をつくった。

終盤突き放す

 花巻東が序盤から試合を優位に進め、前回大会準優勝の鶴岡東(山形第3)に快勝した。一時1点差まで詰め寄られたが、終盤で突き放して勝利をたぐり寄せた。  先発の主戦菱川一輝(2年)は、県大会後から練習を重ねたカーブを有効に使い、六回まで無安打投球。3点リードの七回に4安打を浴びて1点差とされ、さらに2死一、三塁とされるも、冷静さを失わずに後続を見逃し三振に仕留めてピンチを脱した。  力投するエースを打線も援護した。二回に7番平井柊(2年)の左犠飛で先制。3―2とされた直後の七回には2死一、二塁から6番黒澤健太(2年)の左越え2点適時二塁打で鶴岡東の気勢をそいだ。  三回に左翼線適時打で自らリードを広げた菱川に、佐々木洋監督は「あのタイムリーが効いた」と称賛。相手の左腕を攻略した打線に対しても、「黒澤ら右打者がよく頑張ってくれた」とたたえた。  投打に大車輪の活躍を見せた背番号1は初戦突破にほっとした表情を見せつつ、「先を見ずに一戦一戦大事に戦っていきたい」と足元を見据えて戦う決意を示した。  ◇石巻市民球場  ▽1回戦 鶴岡東 000 000 200┃2 花巻東 012 000 22×┃7 (鶴)津田、海藤―堀部 (花)菱川、平井―田代  ▽二塁打=安藤(鶴)菱川、佐藤、黒澤(花)

【関連記事】