Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

霜降り明星・粗品、ボカロ曲をヒャダインから褒められ感激

配信

SmartFLASH

 6月29日放送の『musicるTV』(テレビ朝日系)で、霜降り明星・粗品が、YouTube・ニコニコ動画に公開した曲について語った。  粗品は5月3日に、VOCALOID・初音ミクを使用した自身作詞作曲の楽曲『ビームが撃てたらいいのに』を公開し、これまで合計4曲をアップして好評を呼んでいる。  番組MCのヒャダインから「音楽的にちゃんとしている。いい曲」と褒められた粗品は「ありがとうございます。恐縮です」とタジタジ。  楽曲制作について、「DTM(デスクトップミュージック=パソコンを使用して音楽を作る)初心者でホンマにめちゃくちゃ難しかった」と明かした。公開した曲を評価の厳しいネットユーザーから讃えられ「泣きそうになる」と感激していた。  粗品は、ニコニコ動画に数々の曲を公開してきたヒャダインに憧れ、「ヒャダインさんに密着した番組で言っていた機材を揃えた」と告白。ヒャダインから「ニコ動文化の継承者」とまで称賛され、「ニコニコ動画を盛り上げたい!」と意欲を語った。  だが、ヒャダインがきつね×EXITに『L.O.K.F』を提供したことには「寂しかった。でもいい曲」と笑っていた。    ピアノ、ギター、ドラムなどをマルチに演奏し、芸人になる前には指揮者になることも考えていた粗品。ボカロPとしての今後も注目だ。

【関連記事】