Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

一関学院 初戦敗退 仙台育英に2―3

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
岩手日日新聞社

夏季高校野球東北大会

 東北地区高校野球大会は2日目の10日、宮城県の石巻市民球場で1回戦と準決勝が行われた。本県代表の一関学院は1回戦で仙台育英(宮城)に2―3で逆転負けし、初戦突破はならなかった。  一関学院は一回、1死二、三塁から4番坂本章畝(3年)の左前打で先制すると、さらに1点を加えて2―0とした。  流れをつかんだかに見えたが、四回に先発の主戦菊池悠(3年)が1点を失うと、七回には2番手の右腕小綿大斗(3年)が2死一、二塁から右翼線二塁打を浴びて逆転を許した。  打線は九回に1死二、三塁とサヨナラの好機をつくったが、後続が倒れて勝利まであと一歩届かなかった。  両チームによる1回戦は、9日に降雨ノーゲームとなっていた。順調に日程が進めば、決勝は12日に同球場で行われる。

【関連記事】