Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

世界に広がる「BlackLivesMatter」 デモ参加者が訴えたいことは

配信

Forbes JAPAN

いま、世界中で多くの人たちが「BlackLivesMatter」のサインを掲げ、立ち上がっている。 日本でも抗議デモの様子が報道されているが、ニュースでは、デモ参加者の「暴徒化」や警察の迎撃による対応への批判など、過激な面を中心に取り上げられることが多く、平和的な抗議活動の広がりはなかなか伝えられていない。 過激なデモの裏側に隠れてしまっている、デモ参加者が伝えたいこととは何なのか。参加者はそれぞれ、何を想い、どのような意思を表示しているのだろうか。世界各地で撮影された写真から読み取っていきたい。 プラカードが伝えるメッセージ まず、デモ参加者が掲げるプラカードの言葉に注目したい。冒頭の写真は「黒人を殺すのをやめてください」とある。これは、白人警官による、罪のない黒人を殺害する事件がアメリカで相次いでいるという現実を表す。 オランダのハーグで掲げられたプラカードでは、今回の事件で亡くなったジョージ・フロイドさんのイラストの周りに、 “肌の色” が原因で白人の警官や一般人に射殺された人々の名前が書かれている。特筆したいのは、被害者の多くが未成年から20代の若者であることだ。最も若い被害者は、当時12歳だった。今回の事件以外にも、事故では済まされない、非人道的な殺害による犠牲者は後を経たない。 プラカードに記された事件の一部を紹介する。いずれも遠い過去の話ではないのだ。 Ahmaud Arbery: 2020年2月、25歳のアフリカ系アメリカ人男性が、ジョギング中に、近所で発生した強盗だと勘違いをされ、白人親子に撃たれ死亡。 Breonna Taylor: 2020年3月、26歳のアフリカ系アメリカ人女性が自宅に突入してきた警官に8回撃たれ死亡。住所間違いの令状を持っていたという。 Trayvon Martin: 2012年、17歳のアフリカ系アメリカ人の少年が白人警官に撃たれ死亡。口論から発展。被害者は武装をしていなかった。 Tamir Rice: 2014年、12歳のアフリカ系アメリカ人の少年が白人警官に撃たれ死亡。おもちゃのエアガンで遊んでいたときだった。 【写真で見る】各地で広がる平和的抗議 抗議デモの写真を見ていると、拳をあげている様子が多く見られる。「Black Lives Matter」ムーブメントの象徴になっているこのシンボルの歴史は長く、権力を持つあらゆる機関に抑圧され不当な扱いを受ける市民の結束や抗議の象徴として長く使われてきた。アフリカ系アメリカ人の運動においては、1950年代から活発化した公民権運動の時代に使われていた。 なお、Black Liives Matterの運動は、2012年に当時17歳だったTrayvon Martinが亡くなった事件に対して、各SNS上で “#BlackLivesMatter” のハッシュタグが広まったことに始まる。そのときから、拳のイメージも合わせて使用されるようになった。 一部、SNS上では警察官を擁護するような動画に対して、抗議デモの意味がなくなる、または警察のプロパガンダだと揶揄する声も上がる。しかし、メディアで流れてくる暴動の裏側で、デモ参加者に心を寄り添わせている警察官もいることを忘れてはいけない。 ある動画では、アフリカ系アメリカ人の歌手/女優のキキ・パーマーが警察官にマーチを一緒にして欲しいと懇願している。それに対し、警察官は「一緒にプロテストはしたいができない」と返答。しかし、他の参加者に、せめて膝をついて敬意を表すようにと言われると、有無を言わず膝をついた。周りの警官たちもそれに続く。 実はこの、膝をつくという行為によって、彼らが免職される可能性も考えられる。警察や州兵は、政府のプロテストを止めるという命令で派遣されているため、契約上はそれに背いていることになる。リスクを冒して敬意を示す警官たちに、周りの人たちは拍手を送った。 抗議デモによって、善良な市民に対する武装した警察の攻撃による被害が後を絶たないのは事実だ。警察がいかに、非人間的で残忍な対応をしているかということを指摘することで、社会構造による人種差別は改善するかもしれない。 しかし、人種差別は最終的には、一人ひとりの問題であり、その意識が変わらない限り本当の意味での解決にはならない。警察や軍隊として、抗議活動を止める立場にあっても、デモ参加者に心から寄り添っている人がいることは、頭の片隅に入れておくべきだろう。あなたは、これらの写真や動画からどんなことを感じ取るだろうか。

Forbes JAPAN 編集部

【関連記事】