Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

編集部が厳選!! 2020年の高校サッカー界を彩る注目株300選~東海・北信越編

配信

SOCCER DIGEST Web

選手権で評価が急上昇!世代屈指のサイドバックは必見!

 夏のインターハイが史上初の中止となった。活躍の場を奪われて苦渋の日々を送りながらも、開幕が近づく高円宮杯や秋の選手権予選に向けて、全国各地のチームも選手たちも雌伏のときを過ごしている。 【PHOTO】2020年の高校サッカー界を彩る主な注目選手を写真でチェック!~東海・北信越編  昨年以上に群雄割拠の様相を呈するなか、スターダムを駆けあがりそうな注目タレントは誰か。ここではプロ内定を勝ち取りそうなキラ星から一気に声価を高めている上昇株や期待のルーキーまで、編集部が厳選した男女300人の『逸材』たちを紹介する。第2回目となる今回は東海・北信越編だ。 ―――◆――◆――― ※実績の表記は下記の通り。 U-00=年代別日本代表(2019~20年実績)、高校選抜=日本高校選抜(欧州遠征メンバー候補)、00国体=国民体育大会出場メンバー(16歳以下の県選抜) 【東海・北信越】 No.096 DF 田邉秀斗 たなべ・しゅうと 静岡学園(静岡)/3年/180センチ・68キロ プレースタイル:ドリブラー 実績:高校選抜、U-18 動き出しの速さ、ハイボールの強さ、そして対人守備の高さを兼備する静学の門番だ。元々はCBながら選手権で評価が急上昇し、いまや世代を代表するSBに成長を遂げた。 No.097 MF 山本隼大 やまもと・はやた 名古屋(愛知)/3年/177センチ・63キロ プレースタイル:チャンスメーカー 実績:19国体 ボール保持からの急加速で、敵DFを置き去りにするサイドアタッカー。今季は山田監督が「持ったら誰にも止められない」と評するほどプレーの鋭さに磨きがかかっている。 No.098 MF 川上航立 かわかみ・こうたつ 帝京長岡(新潟)/3年/170センチ・73キロ プレースタイル:バランサー 実績:18国体 気の利いたポジショニングと飛び出しで、昨年度の選手権で4強入りに貢献したいぶし銀のボランチだ。正確な散らしのパスも光り、今季は主役としての活躍が期待される。 No.099 DF 稲葉 楽 いなば・がく 藤枝東(静岡)/3年/186センチ・74キロ プレースタイル:ディフェンスリーダー 実績:18国体 左利きの大型CBは、C大阪 U-15出身。「ヘディングは絶対に誰にも負けない」と豪語する高さとフィード、ビルドアップ能力も魅力だ。今季は名門のキャプテンを務める。 No.100 GK 平山颯太 ひらやま・そうた 北越(新潟)/3年/183センチ・70キロ プレースタイル:ビッグセーバー 実績:18国体 シュート反応の速さやクロスへの飛び出しに定評がある、北信越屈指の守護神だ。昨夏のインターハイでは青森山田の攻撃を防ぎ続け、ジャイアントキリングをもたらした。 No.101 MF 岩松虎徹 いわまつ・こてつ 名経大高蔵(愛知)/3年/169センチ・62キロ プレースタイル:司令塔 実績:― 技巧派揃いのチームでも、センスの高さは群を抜く。独特の間合いから繰り出すドリブルで簡単に相手DFをかわし、絶妙なパスで決定機を生み出す。一見の価値ありのMFだ。 No.102 MF 熊取谷一星 くまとりや・いっせい 浜松開誠館(静岡)/3年/165センチ・58キロ プレースタイル:ドリブラー 実績:U-16、18国体、19国体 1年時から強豪の10番を背負い、昨季は国体優勝の県選抜でも10番。技術力と動き出し の速さを武器に、独力でも周囲との連動でも局面を打破、決定的な仕事をやってのける。 No.103 FW よしくら・のあ 吉倉昇空 富山一(富山)/3年/174センチ・60キロ プレースタイル:ザ・ストライカー 実績:― スタイルの良さが目を惹くプリンス。最大の売りは卓越したテクニックで、前線の起点として機能しながら、みずからも相手エリアへと抜け出しては、シュートまで持ち込む。

【関連記事】