Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「76歳の看板娘」スタバ最高齢パートナーが見つけたおもてなしの流儀

配信

プレジデントオンライン

あなたの職場の「最年長社員」はどんな人だろうか。スターバックスのスタッフで最年長の山田勝子さん(76)は、2019年から週2回、東京都町田市の店舗に立っている。山田さんは「縁があって出会うことができた人との関係は大事にしたい」と働く喜びをかみしめる。連載ルポ「最年長社員」、第6回は「カフェ店員」――。 【写真】スターバックスのスタッフで最年長の山田勝子さん ■「かっちゃんと呼ばれるのは小学生以来です」  「戦中派」という言葉はどれくらいぶりに聞いただろうか。  「私は戦中派だから変な言葉遣いでしたらごめんなさいね。こないだも、エプロンを前掛けと言ったり、死語を使うことも多くて」  スターバックス コーヒー ジャパンの最年長パートナーとして働く山田勝子さんは開口一番そう言った。先日も「それって“爪で拾って箕(み)でこぼす”ですよね」と若いスタッフに言うと、怪訝(けげん)な顔をされたという。1943年生まれの76歳、第2次世界大戦中に生まれた。昨年11月から南町田グランベリーパーク店のスタッフとして、フロアでの接客やホイップ作りやコーヒー計量などの仕込み、食器の洗浄や掃除などを行っている(※)。  「かっちゃんはうちの看板娘なんです」  50歳以上も年下の、孫の年齢ほどの社員がそう言葉を挟むと、山田さんは白い歯を見せて笑った。  「かっちゃんと呼ばれるのは小学生以来です。最初はちょっと戸惑いましたが、だんだん慣れてきました」  若いスタッフが多いスターバックスで、山田さんは「かっちゃん」となって、どうして働くようになったのだろうか。  ※取材当時

■第一印象は「どう見ても20代30代のよう」  きっかけはスカウトだった。  2019年9月末に開催された認知症啓発イベントに、スターバックスはコーヒーブースを出店していた。ブースでは認知症の当事者がバリスタとなって、コーヒーをサーブしていて、山田さんは当事者をサポートするボランティアとして参加していた。  そこにいた町田金森店の店長・林健二さん(49)は山田さんの働きに一目惚れした。  「声の明るさ、動きの機敏さ、気の利き方、どう見ても20代30代のようだと思ったのが第一印象です。山田さんは高校生ボランティアに自発的に明るく指示を与えたり、認知症当事者にもさりげないあたたかなフォローをしていました。一方、『スターバックスさんのご厚意でコーヒーをサーブしています』と私たちを立ててくださることも忘れていらっしゃいませんでした。その細やかな心配りに心をつかまれました」  スターバックスが従業員の行動指針として大切にしていることのひとつが、「自ら考え、行動し、表現する」ことだという。まさにそれを体現しているかのような山田さんの働きぶりに、店長は惚れ込んだ。これは運命であり縁だと思い、声をかけた。  「新しくオープンする店があるので働きませんか? 」  2カ月後にオープン予定だった南町田グランベリーパーク店では、幅広い世代や属性の人に働いてほしいと考えていたところだった。 ■50年間、働いたことがなかったが…  電話番号を聞かれたが、山田さんは、「若いイケメンがおばあさんをからかっている」のだろうと本気にしなかった。だが、翌日すぐに電話がかかってきた。  「一緒に働きましょう」と店長は熱っぽく誘った。  「私の年齢をわかっているんですか」  山田さんはそう言って、断ろうと思った。すると、店長は「冗談ではなく、僕は本気です」と言った。  山田さんは自分のことを必要とされてうれしく思う半面、この年までほとんど働いたことがないために、仕事が務まるのだろうかという不安も抱いていた。しかも若者が多いスターバックスでの接客だ。  「私はほとんど働いたことがありません。それに働くとなったら、髪の毛を染めたり、シワとりしたりしなくちゃいけないですかね」  山田さんが尋ねると、店長は笑った。  「そのままでいいです。ありのままの姿でどうぞ来てください」  山田さんは現在ひとり暮らしだが、2人の子どもと4人の孫がいる。子どもらに相談すると、「いいんじゃないの」と励まされた。「自分が働くことで、地域の高齢者を元気づけられたら」と思い、思い切って引き受けることにしたという。50年ぶりの仕事であった。

【関連記事】