Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020年の夏を彩ったドラマ主題歌5曲!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
OKMusic

気付けばもう9月後半。7月を全て梅雨に費やし、明けた途端に猛暑と化して各地でまさかの40℃超え!(静岡県浜松市の41.1℃は歴代1位を記録) 外にも出れず、旅行にもフェスにも行けず…今年の夏の思い出って何だったんだろう? そんな人こそ、テレビの前に座っていた記憶はたっぷりあるんじゃないでしょうか。2020年の夏を思い出す時、きっと浮かんでくるであろうドラマ主題歌をピックアップ! あなたがこの夏をともに過ごした曲は何?

「裸の心」(’20)/あいみょん

世の女性たちの間で、おじさんの可愛いさが話題となったTBS系ドラマ『私の家政婦ナギサさん』。なんと、同局の木曜ドラマ枠ではあの『逃げ恥』を抜いて平均視聴率トップになったほど、今や“ナギサロス”続出状態! 最終回の大森南朋演じるナギサさんの告白からの流れは、涙しそうになるほどあまりにもシアワセすぎる光景で、その絶妙のタイミングで流れ出したピアノとやわらかな歌声は、まるでその幸福感に最後の仕上げをしてくれているかのよう。そんな「裸の心」はあいみょん初のバラードで、2017年制作時から“この曲をシングルにしたい”と温めていたのだとか。何度ツライ夜を過ごしてもやっぱり恋をしてしまう…逆を言えば、今ツラくてもきっと立ち直ってまた恋ができる。そんなエールにも聴こえてくる。また、ピアノだけでなくピアニカの音色がどこか懐かしく温かく、ドラマの中のナギサさんの役柄と合わさって、こんなご時世で綻んだ心をやさしく包んでくれていたのかもしれない。ふたりの恋が実って本当に良かった! メイ、ナギサさん、お幸せに!

「YES AND NO」(’20)/DREAMS COME TRUE

医療系の中でも薬剤師というポジションにスポットを当てたフジテレビ系ドラマ『アンサング・シンデレラ 病院薬剤師の処方箋』。一見裏方的ではあるものの、ある意味処方した医師よりもダイレクトに、彼らの手渡した薬剤が生命を左右している…そんな緊張感や独自の葛藤がそのまま書き下ろされている「YES AND NO」。主人公の葵を演じる石原さとみも“気持ちを代弁してくれているよう”とコメント。刺さる言葉で少し重めのテーマを綴っていながらも、薬剤師たちが忙しく生き生きと働く姿やひと時の安らぎが、テンポ良く抑揚で表現されている。昨年デビュー30周年を迎えたDREAMS COME TRUEの、何年経っても変わらないパワフルな歌声と独特の世界感はやっぱりさすがだ。ちなみに全編アニメーションのMVとは別に、原作漫画とのスペシャルコラボが実現したMANGA MVも公開中! 歌詞とストーリーのリンクがとても分かりやすくてこれはイイ◎ 9月24日に迎える最終回、葵が自分だけの“YES OR NO”を見つけて歩き出せますように!

最終更新:
OKMusic