Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

そごう・西武全店で「買い物袋の有料化」スタート プラ、紙製ともに

配信

東京バーゲンマニア

そごう・西武では2020年7月1日から、環境負荷低減につながる取り組みとして、全15店舗で提供するプラスチック製および紙製お買い物袋を、環境配慮素材に変更し、有料化を実施します。

各ブランド・テナントの買い物袋も一部有料

そごう・西武は、「容器包装リサイクル法」の省令改正により、プラスチック製の買い物袋をさらに削減し、また、併せて紙製の買い物袋も有料化し使用量削減に努めると発表。マイバッグの持参を推進することで海を守るだけではなく、森を育てる環境活動につなげる狙いです。

プラスチック製、紙製の買い物袋はともに環境に配慮した仕様です。

プラスチック製は、植物由来の原料を配合し、石油等の化石資源の節約とCO2排出量の削減に貢献する「バイオマスプラスチック30%配合の環境素材」を使用。価格は以下の通りです。

食品レジ袋:(小)3円、(大)5円 手付き袋:(小)5円、(大)10円 手提げ袋:(小)5円、(大)10円

紙製の買い物袋は、適切に管理された森林で生産された原材料を、各業者が適切に管理することで森林保全に貢献する「FSC 認証の環境素材」を使用します。価格は10円。

売り場によって取り扱いのサイズは異なります。

なおそごう・西武以外の各ブランド・テナントの買い物袋も一部有料となります。仕様、価格についてはブランドごとに異なるのでお忘れなく。

※表示価格はすべて税別

※画像は公式サイトから。

【関連記事】