Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

専門家がその理由を解説!誰にでも効果のある「ヘルシーなダイエット」は存在しない

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

地中海式、穏やかな菜食主義、ケトジェニック、パレオ…と、挑戦してみたいダイエットは尽きないけれど、いったいどれがベストなの? それは、聞く人が誰かによって異なる。なぜなら、誰にでも通用するアプローチなどというものは、ヘルシーな食生活に関しては存在しないからだと、キングス・カレッジ・ロンドン(King’s College London)が新研究で述べている。 【写真】何Kg痩せた? セレブの「ダイエットランキング」BEST10 食物に対する反応は人によって非常に様々なため、各個人が食生活プランをパーソナライズする必要があると、遺伝学や微生物叢、ライフスタイルといった要素が代謝に与える影響を分析した研究で明らかになった。言い換えれば、ある人にとってヘルシーなダイエットの構成要素となっている食べ物が、他の人にとっては不健康な要素になるということだ。

自分にとってベストなダイエットは、どれ?

学術誌『Nature Medicine』に掲載された研究では、完璧なダイエットは存在しないことがわかった。2週間にわたって、科学者たちは健康な1102人の人にまったく同じ食事を与えて、代謝反応を測定した。「研究者たちは、彼らの血糖、インスリン、トリグリセリド(血清脂質)の値を調べました。これは、血糖値と脂肪の値が高まると炎症につながり、体重増加や糖尿病、心臓病のリスクが高まるからです」と、Thrivaの栄養科学者のエイスリン・モーラン(Aisling Moran)は説明する。 同じ食事をしても、反応は非常に様々で、結果に10倍の違いが出たケースもあった。「血糖値やインスリン値が素早く、持続的に高っていく人がいて、これは体重増や糖尿病のリスクが高まることにつながります。その一方では脂肪が血液の中に長時間止まる人もいて、これは心臓病のリスクが高まることに関係します」と、モーラン。 興味深いことに、この研究には一卵性双生児も参加していたのだが、同じ食べ物に非常に異なる反応を示していた。「これは、当初考えていたほど、遺伝は大きな役割を果たしていないということを示唆しています。これは、前向きに受けとめられるポイントですね。もし遺伝が大きな役目を果たしていたら、食物に対する反応や、最終的には病気のリスクをあまりコントロールできないということになりますから」と、彼女は続ける。

【関連記事】