Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

専門家に聞いた、意外と知らない「男女の体脂肪」の真実

配信

ハーパーズ バザー・オンライン

 ダイエットをする上で男女は体重の落ち方が違う。つまり、脂肪がつく場所と落ちる場所、余分な脂肪の体へのつき方が男女で異なるのだ。  男性の場合、例えば胃のあたりなど、あるエリアに集中して脂肪がつく傾向がある。で体重減プログラムを始めると、真っ先に体重が落ちるのもそれらの部分だ。 【写真】32人のセレブが、真剣にやっているエクササイズ法を告白! 一方、女性は体全体に脂肪が広がり、腹部や臀部、大腿部など特定のエリアに蓄積される傾向がある。“妊娠出産に重要な”エリアだからだとフィラデルフィア在住の栄養学者ジャネット・ブリル(Janet Brill)博士は言う。これらのエリアに脂肪が増えるということは、妊娠に必要なエストロゲン値が高いということだと『Women’s Health』誌に説明している。

男女で体重の減り方は違うの?

「男性と女性では、脂肪のタイプが違ういます。また女性には妊娠出産という要素があるため、体重の減り方は異なる傾向があります」と内分泌学者でVous Vitaminの共同創業者ロミー・ブロック(Romy Block)医師は言う。体重が減るのは体型というより遺伝やホルモンの働き方、代謝などが大きく関わっているとも、彼女は付け加える。

脂肪を局所的に減らすことはできる?

例えば、もし真っ先に脂肪がつくのが胃のあたりだとしたら、「まず脂肪が落ちるのも腹部からになるでしょう」とブリルは説明。一般的に、ワークアウトすれば代謝率がアップするが、それが内臓脂肪を減らすのにも役立つ(腹部の臓器の周囲につく危険な脂肪)という。 「若干の違いで、局所的な減り方とは言えませんが、ずっとお腹に脂肪がついている場合は覚えておくといいですね」

Translation: Mitsuko Kanno From Harper’s BAZAAR UK

【関連記事】