Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

スノー・アレグラ、新曲「Dying 4 Your Love」のMV公開

配信

Billboard JAPAN

 ソウルフルでブルージーな歌声で注目を集めるスウェーデン出身のR&Bシンガー、スノー・アレグラが、2020年7月10日に「Dying 4 Your Love」をリリースし、同時にミュージック・ビデオを公開した。この楽曲は昨年9月に発表した2ndアルバム『Ugh, Those Feels Again』以来の新曲となる。 その他の画像  事前に自身のインスタグラムでお披露目されていたアートワークには、青い逆光に照らされヌード姿でポーズをとるスノーの姿と、「Sad girl lyrics(訳:悲しい女の子の歌詞)」と記されたペアレンタル・アドバイザリーのスティッカーが貼られていたことが話題になっていた。  ペルシア語、スウェーデン語、英語のトリリンガルとしてスウェーデンで育ったスノーは、幼少期からアメリカのソウル~ポップスに慣れ親しんで育った。9歳の頃に初めて楽曲制作を行い、2009年に「シェリー」名義でデビュー、翌年2010年にはスタジオ・アルバム『First Sign』をリリースした。同アルバムに収録される楽曲「U Got Me Good」は、スリラー映画『イージーマネー』の主題歌に起用され、スウェーデンのチャートで2位を獲得するなど、キャリア初期からその実力を見せつけていた。  その後、スウェーデンからロンドン、米LAへと渡った彼女は、音楽プロデューサーとして知られるノー・I.D.との出会いを果たすと、2014年にコモンのアルバムへ参加。2016年にヴィンス・ステイプルズのアルバムにもフィーチャーされ、彼が客演した「Nothing Burns Like the Cold (feat. Vince Staples)」はApple iPhone XSのCMソングに起用、大きな話題となった。  “シネマティック・ソウル”と謳う音楽性を貫くスノーの歌声は、ドレイクやジョン・メイヤー、プリンスなど、業界の実力者達からもラブコールを受け、イタリア版VOUGEやher. Magazineの表紙に起用されるなど、ファッションやカルチャー・シーンからも支持が厚い。  ◎リリース情報 配信シングル「Dying 4 Your Love」 2020/7/10 RELEASE

【関連記事】