Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

市川紗椰さんの“笑顔の素”は?「音楽を聞きながらの料理。トマトがスッと切れて快感!」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
集英社ハピプラニュース

「撮影で笑顔を作れば自然と気持ちもついてくる。周りもみんな楽しくなって、笑うっていいなと実感します」

クールビューティな印象があるモデルの市川紗椰さん。実は笑うことが好きで、笑顔のエピソードが満載でした……! また、おなじみの多趣味で博学な素顔にも、最近心境の変化があったそう。市川さんの今の本音に迫りました。 ● 市川紗椰 Saya Ichikawa 1987年2月14日、愛知県生まれ。4歳から13歳までアメリカで過ごす。LEEをはじめ、モデルとして数多くの女性誌で活躍。著書に『鉄道について話した。』(集英社)など。『TRUME TIME AND TIDE』(J-WAVE)などのラジオ番組のレギュラーや、コラム連載も。公式インスタグラムは(sayaichikawa.official)。 ジャケット¥32000/イエナ ラ ブークル ワンピース¥47800(予定価格)/ビショップ(リワン) ピアス(片耳)¥67000/ロードス(シイハ)

笑顔の素は…「ロックにクラシック、飛行機音まで!多種多様なレコードを楽しむ時間」

「ビートルズのものは、レコード自体が赤色で赤盤と呼ばれるもの。静電気が起きにくい素材で、すごくいい音なんです。インド、ドイツなどプレスされた国によっても音が違うので、聞き比べることも。お気に入りは『ジェットサウンド』という飛行機の音やアナウンスなどが入ったレコードなのですが、昔の眼鏡屋さんのノベルティなんです。眼鏡を買ってこれがもらえるなんてユニーク! こういうグッズとしてのおもしろさもレコードの魅力です」レコード/すべて本人私物

音楽を聞きながらの料理。トマトがスッと切れて快感!

モデルとしての圧倒的な存在感はもちろん、その多趣味ぶりも注目を集める市川紗椰さん。移動中や部屋でのリラックスタイムなど、市川さんの毎日に欠かせないのが音楽だそう。 「今はラジオ、ポッドキャストなどさまざまな形で聞きますが、レコードはずっと好きですね。100枚ぐらいは持っていて、海外や地方に行ったときにその街のレコード屋さんで掘り出し物を探すことも。レコードは、溝の深さによってこの音が出るとか、仕組みが目に見えてわかるから、理にかなっていておもしろいなと思います」 最近では、音楽を聞きながら料理をすることが至福の時間。 「料理って一番手軽にできる創作物だなと思うんですよね。切ったり、煮込んだり、レシピどおりに作ることもあれば、大好きな漬け物を餃子に入れて自分なりにアレンジしてみたり。よく研いだ包丁で、トマトがスッと切れたときなんて気持ちいい(笑)! もともと料理は好きなのですが、最近は家にいる時間が長かったので、いろいろと挑戦しました。タコスをトルティーヤから本格的に作ったり、お肉を5時間煮込んだり。今どきのアメリカ料理が好きなのですが、日本のお店ではあまり食べられないので、これも家で作ってみることに。ズッキーニのミートボールやカリフラワーを生地にするピザなどがおいしかった!」 市川さんといえば、音楽や食以外にも、鉄道、相撲、アニメなど好きな分野はとことん調べ尽くし、腸活、酵素など美容や健康についての知識も豊富なことで有名。いつも情報収集していて忙しいのでは?と思いきや、最近は少し心境に変化があったようで……。 「ふと、私なんでこんなに調べているんだろう?と疑問に思って(笑)。意味あることをやりたくないなと思ったんです。もちろん趣味に没頭する時間は楽しいんだけど、息抜きになるはずの趣味が仕事になったことが、ありがたいと思いながらも葛藤で。常にどこかで『これラジオで話せるかも』『コラムに書けそう』と考えてしまっていたんです。ずっとインプットすることに追われていたなと。時間ができて、そこから解放された気がします。外出自粛期間中は、忙しくて連絡できなかった海外の友達と話したり、あとは、シーズー犬がトリミングで毛を刈られるだけの動画を見たり(笑)。身にならないものに触れるのって楽しい!とハマってしまいました」

【関連記事】