Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

アンジュルム 竹内朱莉&佐々木莉佳子が語る、メンバーの卒業を乗り越え手にした確信

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

佐々木「“タケさんがいてくれたら大丈夫”って思うことがすごく多いんです」

 昨年2019年、スマイレージ(S/mileage)としての結成当初から10年間にわたってグループを率いてきた初代リーダーの和田彩花が卒業し、新たなスタートを切ったアンジュルム。しかし和田の卒業後、立て続けにメンバー3名がグループを去り、船木結の卒業も決定しているなど一見不安定な状況が続いている。にもかかわらず、現在のアンジュルムは充実感に満ちているようだ。それは一体なぜなのだろうか。 【写真】アンジュルム 竹内朱莉&佐々木莉佳子  リアルサウンドでは、8月26日にニューシングル『限りあるMoment/ミラー・ミラー』をリリースしたばかりのアンジュルムから、2代目リーダーの竹内朱莉との佐々木莉佳子にインタビュー。“あかりかこ”の2人が今のアンジュルムをどう見ているのか、じっくりと語ってもらった。(ナカニシキュウ) ーーグループの単独インタビューとしてはリアルサウンド初登場ということで、アンジュルムとはどういう人たちなのかというお話から聞かせてください。まず、竹内さんから見て佐々木さんはどんな人ですか? 佐々木:気になる。 竹内:目の前で言うの、超恥ずかしい(笑)。りかは隣にいてくれるとすごく安心するというか、心強い人ナンバーワンですね。パフォーマンスもめちゃくちゃカッコいいですし、見ての通りきれいな顔面を持っていて、スタイルもすごくいい。完璧なんです。……けど! 佐々木:「けど」! ちょっといい感じのことを言っておいて! 竹内:本当に変な人なんですよ(笑)。ここまで面白い人には初めて出会いました。普通に話してても顔芸かっていうくらい表情がコロコロ変わるし、突然変な擬音を発したり……。とにかく見ていて飽きないです。 佐々木:ヤバい奴みたいじゃないですか(笑)。 竹内:そんなふうにカッコよかったり面白かったりする一方で、めちゃくちゃ泣き虫なところもギャップがあってかわいい。ものすごくキャラが立っている子です。 ーーなるほど。逆に、佐々木さんから見た竹内さんは? 佐々木:タケさんこそパーフェクトな方だし、リーダーになる前から「タケさんがいてくれたら大丈夫」って思うことがすごく多いんです。あと、ライブでの煽りがすごく上手で。私も最近はライブで煽る機会もあるので、いつかタケさんみたいに上手に煽れるようになりたいですね。パフォーマンス面も含めてすごく尊敬してますし、憧れの先輩です。……でも! 竹内:あれ? 同じパターンかな? 佐々木:タケさんもなかなかヤバくて(笑)。卒業した室田瑞希っていうメンバーがいたんですけど、その子とタケさんが組むと、もう最強くらいにうるせえ。「うるさい」んじゃなくて「うるせえ」んですよ。すぐ無茶振りしてくるし。みんなでご飯を食べてるときに突然「ラップして!」とか。まあ、みんなノリでやっちゃうんですけど(笑)。 ーーみんながわちゃわちゃしてるのをリーダーとして冷静にまとめるというよりは、一緒になって騒いでいる? 佐々木:そうですね、部活の部長みたいな。リーダーっていうより部長。 竹内:私が一番騒いでるもんね。 佐々木:後輩の子たちがちょっと落ち着いてたりするから、私たち2人がすごく目立っちゃって。 竹内:「静かにしてください」とか言われるもんね。「竹内さん、うるさいですよー」って(笑)。 佐々木:そうやってタケさんに言えちゃうくらい、いい関係性なんです。上下関係はきちんとありつつも、なんでも言いやすい。タケさんの人柄がそうさせてるんだろうなって。 ーーお2人以外で、アンジュルム初心者が注目すべきメンバーを教えてください。 佐々木:みんなに注目してほしいけど……。 竹内:入口としてわかりやすいのは、上國料萌衣ちゃんですね。かみちゃんはビジュアルが完璧で、たぶんみんな好きな顔だと思います。見た目は“高嶺の花”みたいな感じなんですけど、中身はぶっ飛んでて(笑)。「黙っていられないのかな?」っていうくらい、ずっと喋ってるか歌ってるかの二択なんですよ。それも、J-POPとかじゃなくて合唱曲とかをひたすら裏声で歌っているという。 ーー歌のお姉さん的な。 竹内:そうです。あと、自分が聴きたい音楽をイヤホンで聴くんじゃなくて、「みんなで聴こう!」って大音量で流します。そして、疲れてくるとダル絡みが激しくなって、何周かすると壊れ始める(笑)。すごく面白い子ですね。 佐々木:アンジュって、黙ってるとみんないい感じに見えるんですけど、喋りだすと「え、大丈夫?」って子が多い(笑)。 竹内:そんな子ばっかりですよ。だから、アー写が一番いいです(笑)。 佐々木:不思議なことに、入ってくる子入ってくる子みんなそんな感じで。最初は静かな子に見えても、あるとき急に一皮むけるというか。 竹内:それこそ笠原桃奈ちゃんとか、今でこそアンジュの特徴を一番表しているくらいの強烈な子なんですけど、入ってきたばかりの頃は誰とも話しませんでしたし。「携帯が友達」くらいの感じだったから、こっちもなかなかコミュニケーションが取れなかったんです。けど、みんなで遊園地にプライベートで遊びに行ったことがあって、そこでジェットコースターに乗った瞬間……。 竹内・佐々木:「フォーーーーー!!!」。 竹内:って急に覚醒して(笑)。「こんな子だったの!?」みたいな。そこからはどんどん自分を解放して、パワーアップしていきました。みんなそういう感じになっていくんですよね。すごい子ばっかり集まるなあと(笑)。

【関連記事】