Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

逃げ切りか、逆転か…? マンチェスター・C対レアル・マドリードについて知っておきたい8つのこと

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SOCCER KING

 今夜、いよいよ再開するチャンピオンズリーグ(CL)。延期となっていたラウンド16セカンドレグでは、マンチェスター・Cがレアル・マドリードをホームに迎える。  2月26日に行われたファーストレグは、シティが敵地で2-1の逆転勝利を収めた。約5カ月ぶりのリターンマッチとなる今回、シティが逃げ切りに成功するのか、あるいはレアルが逆転でベスト8に名乗りを上げるのか。欧州サッカー連盟(UEFA)の公式サイト『UEFA.com』やスペイン紙『マルカ』の情報をもとに、注目の大一番について知っておきたい8つのトピックを紹介する。 ※断りのない限り、本稿ではPK戦による決着は引き分けとしてカウント

1. ファーストレグで対レアル戦初勝利

 ファーストレグの勝利は、シティにとって対レアル戦での初勝利だった。シティはそれまでレアルと4回対戦し、2分け2敗。2015-16シーズンにはCL準決勝で相まみえると、ホームでのファーストレグを0-0で折り返したが、敵地で0-1の敗戦を喫して、惜しくも敗退していた。一方、レアルにとっては、前身のヨーロピアン・カップ時代から数えてCL通算100敗目となる黒星だった。シティの連勝か、あるいはレアルのリベンジか。お互いの意地とプライドがぶつかり合う。

2. 名勝負は必至!?

 今季、リーグ戦は対照的な結末を迎えた両チーム。シティはプレミアリーグ3連覇を逃した一方、レアは3年ぶりにリーガ・エスパニョーラを制した。また6月の再開以降、シティは公式戦12試合を戦って9勝3敗。勝率(75%)は決して低くないが、プレミア第31節のチェルシー戦(1-2)、またFAカップ準決勝のアーセナル戦(0-2)と、力のある相手に対して勝利を挙げられていない。対するレアルは、リーグ再開後、10勝1分けと無敗をキープ。この間、相手に一度のリードも許さず、抜群の安定感を見せている。とはいえ、ジョゼップ・グアルディオラ監督はこの大一番に照準を合わせてきているはずで、チーム状態に大差はないだろう。名勝負が繰り広げられる可能性は十分にある。

【関連記事】