Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【徹底検証】実際に感染発生の飲食店に“空気のよどみ” いま気をつけたい“換気”の方法とは

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
中京テレビNEWS

 学校や社会活動が再開されるなか、いまだ拭えない新型コロナウイルスへの不安。“見えない敵”との共存を強いられるいま、私たちはどう過ごしていけばよいのでしょうか。  実際に新型コロナウイルスの感染が起きた現場で、専門家監修のもと“空気のよどみ”を徹底検証しました。

店内で感染? “接客していない”女性が感染の謎

 取材班が入手した、防犯カメラの映像。今年3月、愛知県蒲郡(がまごおり)市の飲食店の様子が映されていました。店に1人の男性が来店すると、待合室のソファに腰をかけます。その後、男性は座席へと案内され、女性と密着しながら会話をしていました。  実はこの男性、店を訪れた当時は新型コロナウイルスに感染し、自宅待機を要請されていました。自宅を出る際には「コロナをうつしてやる」などと話していたといいます。男性はその後、容体が悪化し死亡しました。  この男性が店を訪れた影響かはわかっていませんが、この店ではもう1人の感染が確認されています。感染したのは、接客していた女性ではなく、男性の席から離れた待合室に座っていた女性でした。

オーナーが証言「横にも座っていない」

 当時の状況を、オーナーが証言しました。 「全く(男性の)横にも座っていないです。その状態で感染するのかなって」(YOU&ME オーナー 安田知洋さん)  感染が確認された女性は、男性と直接接触はしていません。一方で、女性は男性が来店直後に寝転がるなどしていたソファで、化粧をしていました。  少し前に男性がいた場所に、座っていた“だけ”。それにもかかわらず女性が感染したことに、オーナーは首をかしげます。

専門家は“空気のよどみ”を指摘

 感染制御に詳しい愛知県立大学の清水宣明教授は、女性がこの男性から感染したと仮定した場合、2つのルートが考えられると指摘します。 「一つは接触感染なんですけど、映像で見る限り男性の手がソファに触れたのは、ほんの一部で非常に短い時間。そこで女性が同じところを触って、感染した可能性はかなり低いのでは」(愛知県立大学看護学部 清水宣明教授)

【関連記事】