Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

新型コロナ 入院中の高齢者2人死亡、計11人に 新たな感染者は姶良の50代女性 26日発表

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
南日本新聞

 鹿児島県は26日、新型コロナウイルスに感染した高齢者2人が死亡したと発表した。新たに姶良市の50代女性の感染を確認。県内のクラスター(感染者集団)との関連は確認されていない。県内の死者は11人、累計感染者は349人となった。 【写真】【関連表】

 県によると、死亡した2人は県内の医療機関に入院していた65歳以上の高齢者で、25日と26日に亡くなった。うち1人の死因は新型コロナウイルス感染症による。別の1人の死因は同感染症ではない。遺族の意向を踏まえ、2人の性別や年代、クラスターとの関連などは明らかにしていない。  新たに確認された姶良市の50代女性は17日に発熱やせきの症状があり、医療機関でかぜと診断された。その後、発熱やのどの痛みなどがあったため再度受診。25日にPCR検査で陽性が確認された。15~24日は在宅し、現在は医療機関に入院している。濃厚接触者の同居親族1人は25日の検査で陰性が確認された。  7月1日以降の感染者は338人。8月25日時点で51人が医療機関に入院し、重症2人、中等症7人。3人が宿泊施設に滞在、1人が自宅待機している。退院・退所は282人。

【関連記事】