Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

カービュー、リモートワーク主体の新制度を導入

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
carview!

株式会社カービューは、2020年10月1日より従来のオフィスワークに加え、リモートワークを主体とする働き方が選択できる新制度を導入する。 【拡大写真を見る】 カービューは、2018年に仕事と育児・介護、家庭、その他の社会活動との両立を促進することを目的として、リモートワーク制度を導入。2020年2月より新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、全従業員を対象に原則在宅勤務とし、社内外における会議から採用活動まで全てをオンラインで実施していた。2020年9月現在、全社員を対象に原則在宅勤務を実施しており、95%の従業員が在宅勤務となっている。 社内アンケートでは、リモートワークについて70%の従業員がパフォーマンスや健康状態への悪影響がなかった、もしくは向上した、と回答。また「生産性高く働くために必要なオフィス出社日数」は週2~3回と答えた割合が最も多かった。 新制度では、リモートワーク制度の改定(就業場所をオフィスまたは自宅から選択可能に変更)、フレックスタイム勤務のコアタイムを廃止、6000円/月のリモート勤務手当支給、通勤手当の支給停止(通勤時の交通費は実費支給)などが実施される。

株式会社カービュー

【関連記事】