Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

タイガーがグリップを変えた!? それがニュースになる理由

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

間もなく開幕を迎えるゴルフの海外メジャー・全米オープン。そこに出場するタイガー・ウッズのグリップに異変が!? タイガー・ウッズのドライバー連続写真はコチラから

パターは変えてもグリップは変えないタイガーがグリップを変えた

タイガー・ウッズの相棒といえば、スコッティ・キャメロン ニューポート2 GSS。メジャー15勝のうち14勝をともにし、最愛の息子にも「触ってはいけない」と命じているというパターだ。 そのパターに“異変”が生じている。全米オープンの練習日を見ると、グリップが変わっているというのだ。 グリップを変えるくらいよくあることでは? と思われるかもしれないが、プロにとっては、とりわけタイガーにとっては違う。

タイガーが長く愛用するのはピンのピストルグリップと呼ばれる昔ながらの形状のグリップ。パターはスコッティ・キャメロン、グリップはピンのピストルグリップ(PP58)というのが、タイガーにとっての定番中の定番だった。 そして、さらに重要なことは、ここ数年タイガーは「(エースパターを)少しベンチで休ませる」などとして、別のヘッドを試すこともあった。最終的にはニューポート2に戻ってくるのだが、その際もグリップは変わらずPP58を差していた。 それが、全米オープンの会場で突如別のグリップに変わっていたから、一部ギア愛好家の間では「タイガーがグリップを変えた!?」と静かな衝撃が走っているわけだ。 ではなにに変えたのか? どうやらラムキンのフルコードグリップのよう。当然握り心地は大きく異なるため、細かいタッチにも影響しそうだ。 突然のグリップ変更について、タイガーはコメントしていないが、これが吉と出るか凶と出るか……答えは全米オープンのスタート後に明らかになるはずだ。

みんなのゴルフダイジェスト編集部

【関連記事】