Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

関空到着の県在住者2人感染 フィリピンで行動歴

配信

北日本新聞

 厚生労働省は23日、海外から関西空港に着いた富山県在住の10代と50代の女性が、新型コロナウイルスに感染していたと発表した。ともにフィリピンでの行動歴があり、50代の女性は発熱していた。  厚労省によると、成田、羽田の2空港に到着した2人と関西空港に着いた2人の計4人はいずれも22日に到着した。羽田に到着した愛知県に住む10歳未満の男児の行動歴や、成田着の1人の性別や居住地などは非公開とした。空港検疫で感染が確認されたのは286人となった。  関西空港に着いて陽性が判明した県在住の2人について、県は厚労省から報告を受けておらず、「問い合わせたが、情報は得られなかった」とした。県内の指定医療機関には入院していないという。県の集計には含まれない。

【関連記事】