Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「アーティストの“勝ち負け”はますます加速する」、ブシロード会長が語るライブ興行の未来

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
オリコン

『BanG Dream!』や『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』といったメディアミックス作品や、『新日本プロレス』などの人気ライブコンテンツを保有するブシロード。2月には予定していたすべてのイベントの中止を発表したが、7月からは徹底した感染防止対策のもとでライブイベントを再開させている。一方で、この間には配信事業も成熟してきた。withコロナの時代に、生のライブと配信はどのように共存していくのか、木谷高明会長に話を聞いた。 【写真】『テラハ』故・木村花さんの強烈ビンタで吹っ飛ぶブシロード木谷会長 ■「ファンの目はさらに肥えた」オーラ放つ“本物”が稼ぐ時代に ──御社はライブイベントを再開させつつ、開催から2週間経過するごとに「感染者ゼロ」のリリース報告もされています。現場に来場者が戻ってきた感覚はありますか? 【木谷高明】9月に入ってだいぶ「ライブに行きたい」というモチベーションは高まってきたようですが、「配信で観られるのはありがたい」という声も多いですし、まだ恐る恐る…という感じでしょうね。当社も現在は、ほとんどのイベントで、動員人数を縮小した「会場観覧+配信」のハイブリッドで行っています。 ──配信事業が好調な様子です。 【木谷】すべてとは言わないですが、全体で見ればちゃんと黒字は出ていますよ。ただライブ配信が定着したことで、ユーザーの目はさらに肥えたような気がします。今後、ライブ事業はますます勝ち負けが明確に二極化されていくんじゃないかと思いますね。 ──勝敗を分けるのは? 【木谷】端的に言って実力でしょう。歌唱力や演奏力もそうだし、ビジュアルもそう。大画面テレビの映像もキレイだし、ようは技術で補正できないオーラを放つアーティストは、従来の会場やパッケージに加えて、配信、アーカイブ、ライブビューイングと収益機会が増えたんです。その収益を再投資すれば、さらに差が付きますよね。その狙いもあって、当社でも今、アーティストのブラッシュアップの場のために大型物件を探してるんですよ。 ──物件ですか?! 【木谷】アーティストが今まで以上にスキルアップできるように、練習できたり先輩の練習する姿を後輩が見学できたりする場です。これからますます、実力がものを言う厳しい世界になるでしょうから。

【関連記事】