Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<松嶋菜々子>「やまとなでしこ」で憧れの的に 月9、朝ドラ、大河主演の輝かしいキャリア

配信

MANTANWEB

 女優の松嶋菜々子さん主演で、2000年10月期にフジテレビ系“月9”枠(月曜午後9時)で放送されたドラマ「やまとなでしこ」の「20周年特別編」が人気を博している。7月6日に第1夜が放送され、主人公・神野桜子を演じる20年前の松嶋さんの姿に、SNSでは「きれいすぎて、まぶしい」「輝きすぎて、目つぶれる」「憧れる美貌」「桜子のまねしてた」といった声で盛り上がった。モデルを経て1992年に女優デビューを果たし、1996年放送のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひまわり」、2002年放送の同局大河ドラマ「利家とまつ~加賀百万石物語~」など、月9、朝ドラ、大河といった国民が注目する“看板枠”で主演を務めた松嶋さんの輝かしいキャリアを振り返ってみる。  【写真特集】思わずキュンとしちゃう! 松嶋菜々子&堤真一の名シーン!

 ◇

 まずは、「やまとなでしこ」。松嶋さんが演じた桜子は、類いまれな美貌と教養を武器に仕事を完璧にこなすキャビンアテンダント。幼い頃、極貧だったという大きなトラウマを抱えており、「世の中で一番大切なもの。それは、お金」「恋愛相手も結婚相手もお金持ちでなければ」「愛よりお金」という信念で、より良い結婚相手を求めて合コンを繰り返すという役どころだ。物語は、そんな桜子が、ある日、合コンで医者だと身分を偽る貧乏な男・中原欧介(おうすけ、堤真一さん)と出会い、恋する姿を描く“ロマンチック・ラブコメディー”だ。

 放送当時の平均視聴率は26.4%、最終話の最高視聴率は34.2%(共にビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)をマーク。当時は、女性ファッション誌が、桜子の“コンサバファッション”やヘアスタイルを特集企画として組むなど、多くの女性から視線を集めた。“コンサバファッション”は“きれいめカジュアル”という意味だが、ハイブランドのアイテムを上手に取り入れた松嶋さんの着こなしはとてもエレガントで、視聴者からは、ヘアスタイルやファッションをまねしたと、当時を懐かしむ声がSNSにあふれた。

【関連記事】