Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヤマハRZ250:現存数豊富も相場は上昇傾向【’80年代青春名車購入ガイド】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEBヤングマシン

日本車の絶頂期だった’80年代の名車たちに“高騰”の波が押し寄せている。超プレミアマシンと化した’70年代車のような状況ではまだないものの、現実的な価格で入手できる時間的猶予はそう長くないだろう。本記事では2ストレプリカブームの祖となったヤマハRZ250の状況を中心にレポートする。 〈関連写真×14枚〉ヤマハRZ250:現存数豊富も相場は上昇傾向【’80年代青春名車購入ガイド】

2ストレプリカの祖を車検レスでとくと味わう

環境規制で2ストロークに逆風が吹いた’70年代末期。魅力的なモデルの少ない250ccクラスの人気が低迷していた時代でもあった。そんな状況を一撃でひっくり返したのが「RZ250」だ。 レーサーTZの市販バージョンとして誕生したRZは、ナナハンに匹敵する加速性能と、鈍重な4スト400を圧倒する139kgの軽い車体、市販オンロード車初のモノクロスサスなど、前例のない装備のオンパレード。2ストのヤマハと呼ばれ、WGPで活躍してきた同社が「最後の2ストローク」の気概を込めて放った一撃だった。 たちまち大ブームを巻き起こし、当初は納期が半年待ちの状態。RZに続くべく、各メーカーが奮起し、後の2ストレプリカ全盛時代が花開く契機となった。また、RZで爽快な2ストの虜になったライダーも数多い。  さらに’81年には、+10psの45psにパワーアップし、フロントダブルディスクの「RZ350」まで登場。’84年までに生産累計10万台を突破しており、現存する個体数は今なお豊富。とはいえ相場は年々上昇しており、既に重要文化財レベルだ。今後もこの傾向は続くと見られ、タマも古くなる一方。’70年代レジェンドの域に近づく前に押さえておくべきだろう。

RZ250:各年式のポイント

◆初期型 ’80~’82モデル:元祖RZ 〈写真01〉’80年デビューの初代RZはパール白×赤、黒の2色。’82で350と共通ライン入りの白と黒を投入した。加速のほか、深いバンク角と安定した旋回性も絶賛された。 ◆2型 ’83モデル:新フレームにYPVSを獲得 〈写真02〉’82年モデルではビキニカウルのRZ250Rに進化。排気デバイスのYPVSを獲得し、43psとなった。フレームを変更し、リヤはドラムブレーキからディスクブレーキへと進化した。 ◆3型 ’84~’85モデル:別体サイレンサー 〈写真03〉2型のデビューの翌年、’84年型ではハーフカウルとセパレートハンドル、別体サイレンサーでレプリカ度を高めたRRを追加。オプションパーツでフルカウルにもできる。 ◆4型 ’86モデル:フレームを変更 〈写真04〉3型から大きく変わり、4型ではフレームやホイール、外装を変更し、7kgマイナスの136kgに。合わせてタンク、シートなどのスリム化も果たした。 ◆最終型 ’88モデル:前後17インチに 〈写真05〉前後輪を中空3本スポークの17インチに変更。セパレートハンドルをアルミ鍛造とし、フロントディスクをフローティング化。CDI点火も採用。

【関連記事】