Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Sci-Fiではなく「Cli-Fi」 人々の意識変化と新たな映画トレンド

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
AMP[アンプ]

SF(Science Fiction)ジャンルの中のサブジャンルとして扱われてきたパニック映画。特に自然災害を題材としたパニック映画は近年「Cli-Fi(Climate Fiction)」として独立したジャンルになりつつある。

気候問題に注目が集まった2019年

このところ地球温暖化や気候変動といった言葉がメディアをにぎわせている。 干ばつや洪水、季節外れの大型台風の襲撃、熱波、ハリケーン、竜巻、山火事、アマゾンの森林火災・・・・・・2019年だけでも世界中で様々な自然災害被害が続出している。どれも地球温暖化や気候変動といった地球規模での変化に伴う災害といわれている。 人々の関心も気候変動や気候危機に集まり、気候は2019年のキーワードであったといっていい。アメリカのTIME誌が選ぶ2019年「今年の人」に選ばれたのもスウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリさんだった。 そしてとくに顕著であったのが、この問題に対する若者の運動が活発であったことだ。前述のグレタさんをはじめ、世界各国で学生が立ち上がり、デモ活動や抗議活動が活発化し今なお継続している。 「Climate Strike(気候ストライキ)」なるストライキを呼びかける組織が学生中心に立ち上がり、抗議のために学校を休もうと声を上げている。 グレタさんが国連のスピーチで大人を強い言葉で叱ったことも記憶に新しいが、こうした動きに共通しているのは、若者が未来の地球に今までにないほど多大なる不安と強い関心を抱いているということ。Climate Strikeも声明文の中で「大人たち、政治家たちは宿題をサボってきた。口約束ばかりで何ら改善されていない」と大人の責任を追及している。 もちろん気候変動や地球温暖化を身近で差し迫った問題として肌で感じ始めた、というのも理由の一つであるが、同時にエンターテイメントとして目にしている「Cli-Fi」パニック映画の影響もあるだろう。

【関連記事】