Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

あなたのシャフト“ヌードル”になっていませんか? 一番飛ばせるしなりの黄金比率を教えてもらった

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
みんなのゴルフダイジェスト

ニューヨークで活躍するインストラクター・宮崎太輝と昨シーズン稲見萌寧を初優勝に導いた奥嶋誠昭。最先端理論を追求するコーチの二人がシャフトフィッティングのセミナーを開催した。インパクト時の縦方向と横方向のしなる量には「黄金比率」があるというが……一体どういうこと? 奥嶋コーチが指導する稲見萌寧ドライバー連続写真

弾道計測器を使ったシャフトフィッティングの限界

「シャフトフィッティングは、フィッターによって勧められるシャフトが異なることを避けることが重要」だとする宮崎、奥嶋の両コーチ。屋内、屋外を問わず弾道計測器による数値を基にシャフトを選択する現状のフィッティングには限界を感じているという。

「弾道計測器や3Dモーションキャプチャーのギアーズを使ってのフィッティングを続けてきましたが、やはりコースに出ると結果が伴わないことが多々ありました。ツアープロの場合だと、練習ラウンドでは感触のよかったシャフトが、試合になるとダメだったりすることは多いです」(奥嶋コーチ) アマチュアでいえば練習場とゴルフ場では合うシャフトが変わり、プロなら練習ラウンドと本戦で変わる。このギャップを埋める必要があるのだ。 そこで、目をつけたのが、弾道という結果ではなく、シャフトにかかる負荷。シャフトにかかる縦方向と横方向の負荷を装置を使って計測し、そのデータを基にシャフトを選択したところ、練習場だけでなくコースや試合でもマッチすることが多くなったという。その理由を宮崎コーチはこう語る。

「重心がシャフトの延長線上にない偏重心であるゴルフクラブをスウィングすると、シャフトにはトウ側が下がるトウダウンによる縦方向のしなりと、ターゲットラインに対して前後する横方向のしなりが発生します。この、2方向の負荷を計測できる装置を使うと、スウィング中のどのあたりでどれくらいシャフトに負荷をかけているかが確認できます。その波形からその人のスウィングタイプが確認でき、マッチするシャフトを選ぶことができるんです」(宮崎) たとえばゴルファーの中には、徐々にシャフトに負荷をかけていくタイプもいれば、切り返し直前から一気に負荷をかけるタイプもいる。そして、スウィング中どのタイミングでどれくらいの負荷をシャフトにかけているかによって、その人にマッチするシャフトの調子を選ぶことができる。

【関連記事】