Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

同性婚訴訟、提訴から1年で世論は変わったか 「人並みの願い認めて」と訴え続ける原告ら

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
47NEWS

 あれから1年が過ぎ、世論は変わったのか―。2019年2月14日、全国で13組の同性カップルが国を相手に一斉に裁判を起こした。同性同士の結婚を認めないのは、憲法が保障する「婚姻の自由」を侵害し、法の下の平等にも反すると主張。「愛する人と家族になりたいという人並みの願いを認めてほしい」。勇気を振り絞り、声を上げたのは「同性カップルも含めたすべての人が結婚という選択肢を持てるように」との願いからだ。原告らはこの訴訟を「結婚の自由をすべての人に」訴訟と呼ぶ。今の思いを聞いた。(共同通信=石嶋大裕、小川美沙)  ▽男女のカップルと何も変わらないのに  19年4月、札幌地裁。しんと静まりかえった法廷に黒いスーツ姿で立ったのは、この日意見陳述する原告で20代の佳織さん(仮名)だ。よく通る落ち着いた声でこう切り出した。  「私たちは交際12年になる女性同士のカップルです。私たちの日常生活は本当にありふれたものです」

 続けて語ったのは2人がどんな生活をしているか。仕事を終えて深夜に帰宅する佳織さんのために、パートナーは食事を作ってくれる。互いに多忙なため、休日は一緒に温泉旅行や食べ歩きに出かけてコミュニケーションを取る。1週間分の出来事を話し合い、笑ったり、驚いたり、ときには怒ったりする。  「ここまで聞いて、本当にありふれたものだと感じたのではないでしょうか。男女のカップルと何も変わらない生活をしています」  だけど、もし…。もしどちらかが事故に巻き込まれたら? 自然災害に見舞われたら? 突然亡くなってしまったら? 法律上の親族ではない佳織さんに連絡が来る保障はない。共同名義のローンや遺産相続、共同親権といった法的な手続きも、結婚が前提という。  結婚できないことが壁となり、どれほど深く互いのことを思っていても将来を描くことはできない。「常に不安定な立場。支えあって生きる2人が同性同士だというだけで、なぜ」。数年前まで不安と失望で「早くこの世からいなくなりたい」と自殺を考えていたことも明かした。

【関連記事】

最終更新:
47NEWS