Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

仏像に妖怪、浮世絵に犬猫…1500種以上?!のはんこに「選べない」の声

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Lmaga.jp

動物や人気キャラクターなどの絵柄が選べるはんこ「ずかんシリーズ」(「岡田商会」大阪市淀川区)の本店サイトが17日にオープン。SNSでは早くもそのラインアップの多さと愛らしさに注目が集まっている。 【写真】驚異の数、はんこの柄 「光の速さでポチってしまった・・・」「呼ばれてる気がする・・・笑」と推し柄にハマったり、「待ってこれは、え、印鑑6個ぐらい作っていい?」「ひとつなんて選べないよ」と、種類の多さに惑わされる声があがっている同商品。 選べるテーマは、ねこ、いぬ、鳥、うさぎなどの動物たちをはじめ、サンリオやポケモンなどの人気キャラクター、仏像や浮世絵の伝統芸術まで幅広く、なんと48種も。 「ずかん」の名のとおり、専属デザイナーによる描きおろしイラストを含む1500種類以上の絵柄がそろい、各テーマのなかから、はんこ素材・フォントとともに自分好みのものをチョイスできる。 「いぬずかん」は100種以上もの犬種に細かく分かれていたり、ねこは「ねこずかん」以外にも、「こねこ」「ホゴネコ」「ひょっこりにゃん」「ご当地もみじちゃん」など、シリーズが充実。多くのものが受領印や銀行登録にも使えるので、用途に合わせ使い分けても楽しめそうだ。 また、人気商品「Pokemon PON」には、手に押して洗い落とすことで手洗い練習ができる新作も登場。493匹のポケモンと「予防」「手洗い」「ピカピカ」「キレイ」の4種の文字から選べ、「こ、これはよく思いついたな・・・」「楽しく習慣にできるのは目からウロコですね」と、子供の感染症予防として喜ぶ声も。価格は商品ごとに異なるため、公式サイトでご確認を。 文/塩屋薫

【関連記事】