Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

Zaim、家計簿からサブスクリプションの課金額を自動算出、新型コロナで動画・教育系が増加

配信

MONEYzine

 自宅で過ごす時間が増えたことによって、AmazonプライムやNetflixなどを利用する人が増えている。オンライン家計簿サービス「Zaim」は、各種サブスクリプションサービスの課金情報を集約し、月ごとの支払額を算出する機能を開発した。

 オンライン家計簿サービス「Zaim」を運営するZaimは、利用者が毎月定額で支払っているサブスクリプションの契約課金情報を、家計簿から自動算出できる「Zaim定額サービスチェッカー」を公開。6月30日からすべての利用者が無料で利用できる。

 同社は、新型コロナウイルスの感染防止のため自宅で過ごす時間が急増したことを背景に、AmazonプライムやNetflixなどが盛り上がりを見せていることから、「Zaim」の購買データを分析。

 その結果、2020年5月のサブスクリプション契約利用者数が2019年6月対比で264%増に、総利用金額も2.4倍に拡大していることが明らかになった。世帯あたりの平均支出額は月額1,116円で年間支出額は約13,392円の見込みとなっており、外出自粛の影響もあり動画・教育系サービス利用が増加している。

MONEYzine編集部[著]

【関連記事】