Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【MLB】大谷翔平、第2打席で“お得意様”ノーヒッター撃ち 3試合連続安打、2戦連発なるか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Full-Count

本塁打が出れば井口資仁を抜いて日本人歴代4位に浮上する

■エンゼルス – アスレチックス(日本時間12日・アナハイム)  エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)、本拠地のアスレチックス戦で「5番・指名打者」で6試合連続先発出場した。初回2死一、二塁の第1打席で四球を選んで出塁。4回無死の第2打席で3試合連続安打となる右前打を放った。 【動画】打った瞬間ホームランの完璧な当たり! 11日の試合で大谷翔平が放った同点4号2ランの実際の映像  ノーヒットノーランを2度達成している右腕ファイアーズから快音を飛ばした。レンドンの先制弾で1点先取した4回無死。フルカウントから、外角低めのチェンジアップを拾って、しぶとく一、二塁間を破った。試合前まで右腕とは4試合で対戦。本塁打こそないものの、11打数6安打の打率.545とお得意様としていた。  前日10日(同11日)のアスレチックス戦では4回1死一塁で右前二塁打を放つと、6回1死一塁で同点の4号2ランを放った。日本人通算本塁打では4位の井口資仁(現ロッテ監督)に並ぶ通算44本塁打。日本人通算600号本塁打のメモリアル弾だった。序盤から打率1割台だった打率.200まで回復。5点差逆転勝ちに大きく貢献し、「(アスレチックスは)強いチームで調子のいいチーム。まだまだやっていけるとみんな感じていると思う。明日が大事。継続して頑張りたいと思います」と巻き返しを誓っていた。

Full-Count編集部

【関連記事】