Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナで秋春制移行のタイ シーズン中に中継なくなる恐れ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
footballista

4月、タイリーグは新型コロナウイルスによる中断を機に秋春制へ移行する決断を下した。しかし、ここへきて問題が起こっている。放映権を持つ大手放送局が、再開後のシーズン真っ最中である10月末で、放送を打ち切る決定を下したのだ。いったい何が起こったのか。 文 長沢正博

事前に放送局との折衝なく移行決定

 タイリーグは国内の新型コロナウイルスの感染拡大により、第4節(1部、2部)を終えた3月以降中断している。3月26日に政府が非常事態宣言を発令。4月3日には夜間外出禁止令も加わり(現在、夜間外出禁止令は解除)、その頃は1日で100人を超える新規感染者が出た日もあった。  すると4月14日、タイサッカー協会は1部、2部のクラブの代表者による会議で、これまでの2月に開幕して10月に終了するという春秋制から、9月に再開して翌年5月にシーズンを終えるヨーロッパのような秋春制移行を決定した。  確かにシーズン終了を翌年にすれば、再開後も過密日程が生まれず、仮に再び感染が拡大して中断する事態になっても、日程に余裕を持って対応できる。タイで最も雨が降る5月から10月までの雨季の試合も避けることができる。大胆な決断だが、メリットはある。  5月にはリーグ再開日が9月12日と決まり、新たな移籍期間も発表、秋春制移行へ着々と進んでいるかに見えた。しかし、不満を持っていたのが、リーグの放映権を持つ企業、トゥルービジョンだった。同社はタイの大手財閥傘下にあり、英プレミアリーグなども中継するタイの有料放送大手である。  問題は6月になって表面化した。同社の親会社であるタイの通信大手トゥルーコーポレーションの幹部が地元メディアに対して、「秋春制移行決定の通知は受け取ったが、その話し合いに我われは参加していない」と不満を表明。そして再開を早めて、11月にも全日程を終えるよう求めてきたのだ。  トゥルービジョンはタイサッカー協会と2017年から4年間で42億バーツ(約140億円)という放映権契約を結び、タイリーグ1部、2部の全試合およびカップ戦を放送してきた。今年は4年契約の最終年に当たり、本来なら10月末には全日程を消化するはずだった。  一方で、タイサッカー協会は昨年から協会主管の代表戦やタイリーグ、フットサル、女子サッカーなどの試合を一括パッケージにして、来季以降8年間の放映権契約交渉を進めていた。落札者としてJリーグの放映権を持つDAZNや地元企業の名前も噂で挙がったが、まだ正式に発表されていない。ただ、トゥルービジョンはすでに自社が獲得できなかったことを明らかにしている。  つまり秋春制に移行した場合、少なくとも今季の2021年分はトゥルービジョンが期間を延長して放送するか、別の放送局を探すかしなければならないのだが、詳細をタイサッカー協会は事前に詰め切らないまま、シーズン移行を決定したようなのだ。

【関連記事】