Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

地下鉄で犯罪増加。伝説のレストランや名門ホテル閉じるニューヨークの今は?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ハフポスト日本版

ニューヨーク・マンハッタンで犯罪が急増している。休業する店舗やレストランが増え、リモートワークでオフィスなどから人が消えているからだ。 日本人が被害に遭うケースも報告されている。 在ニューヨーク領事館によると、10月5日には、マンハッタンのコリアタウンを邦人女性が歩いていたところ、急に背後から何者かに強く押されて転倒。数人から上着の内ポケットを探られて貴重品を盗まれる事案が発生したという。被害者は軽傷だったが、病院に運ばれた。銀行のATMで現金が引き出されていたという。 9月27日には、ジャズピアニストの海野雅威(うんの・ただたか)さんが、ハーレム135丁目地下鉄駅構内で突然8人の男女に襲われた。鎖骨骨折、頭を含む全身にアザを受ける怪我を負った。

現地の無料新聞「週刊NY生活」(三浦良一編集長)によると、海野さんは午後7時半ごろ、地下鉄を降り、誰もいない改札を抜けた後、男女それぞれ4人の計8人が出口をふさぐ形で通行を妨害。通り抜けようとしたところ、その中の一人の女性がぶつかったと言いがかりをつけ、同グループの複数人が殴りかかった。他に地下鉄を利用している人はいない状況で、逃げようとしたところ、同グループに後を追いかけられ更に殴られて負傷したという。 こうした状況を受け、在ニューヨーク日本国総領事館 は、「ニューヨーク市の治安情勢等に関する注意喚起」をしている。今年のマンハッタン南部パトロール地区(セントラルパーク以南)での強盗は直近の1か月間で(昨年同時期比)約14%の増加だという。

ある日本人女性は「ハーレムの屋外のレストランで食事時に、パンパンと言う音がして“銃声だ”と叫ぶ声を聞いて身をかがめた、という友人の話を聞いて、マンハッタンには、新型コロナ以降は足をのばせていません」と話す。 ニューヨークタイムズによると、地下鉄の犯罪は増えている。2020年の地下鉄内での殺人被害者の人数は、今年10月12日までに6人を数える。同時期比では、2017年はゼロ、2018年は1人、2019年は2人だった。強盗は16%増加している。窃盗は22件報告されており、昨年同時期は5件だった。 感染を恐れたり、リモートワークなどで地下鉄利用者が減っているため、目が行き届きにくいためと見れられる。地下鉄を運営するMTAは、警備員を増やすなどして警備を強化しているという。

【関連記事】