Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ランドクルーザープラドのディーゼルエンジンがパワーアップ。先進安全装備も充実

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
carview!

トヨタ自動車は8月3日、ランドクルーザープラドに、ディーゼルエンジンの出力を向上させるなどの一部改良を施すとともに、内外装の随所にブラック加飾を取り入れた特別仕様車「TX “Lパッケージ” ブラックエディション」を設定し、同日販売を開始した。 【写真をもっと見る】 今回の改良の目玉は、ディーゼルエンジンの出力アップ。ターボチャージャーをサイズアップすることで最高出力をこれまでの177psから204psへと大幅に向上させた。なお、ガソリンエンジンの変更はない。 さらに全車で安全装備を充実させた。具体的には、先進安全機能Toyota Safety Senseの機能が向上し、プリクラッシュセーフティが夜間の歩行者や昼間の自転車運転者も検知可能となったほか、ヨーアシスト機能付きのレーンデパーチャーアラートや、道路標識を認識しメーター内に表示するロードサインアシスト、先行車発信告知機能が標準装備となった。 このほかスマートフォンとの連携が可能な9インチのディスプレイオーディオがオプション設定された。 またグレードごとの仕様変更として、TZ-G、TX“Lパッケージ”には、駐車場などで後退する際、左右後方から接近してくる車両を検知しドライバーに警告するリアクロストラフィックアラートがオプションで用意され、TZ-Gにはパドルシフトが新たに装備された。 ランドクルーザープラドの価格は、362万1000円から553万円。 今回の改良と同時に設定される特別仕様車TX “Lパッケージ ブラックエディション”(写真3-5)は、TXをベースに、“Lパッケージ”の装備に加え、内外装にブラックを基調とした加飾を施したモデル。 外装は、グリルやヘッドライト周り、バックドアガーニッシュに漆黒メッキ加飾が施され、アウターミラーやルーフレールはブラック塗装となる。さらにホイールは専用ブラック塗装の18インチアルミホイールを特別装備する。 内装はシルバー塗装のオーナメントパネルやブラック塗装のセンタークラスターパネルが装備される。 なおボディカラーはベース車同様、全9色から選択できる。またエンジンはガソリンとディーゼルを選ぶことができる。 特別仕様車の価格は426万1000円から508万9000円。

株式会社カービュー

【関連記事】