Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

競泳女子五輪2大会連続メダル。 72年ぶりの快挙には伏線があった

配信

webスポルティーバ

PLAYBACK! オリンピック名勝負―――蘇る記憶 第25回 スポーツファンの興奮と感動を生み出す祭典・オリンピック。この連載では、テレビにかじりついて応援した、あの時の名シーン、名勝負を振り返ります。 【写真】大橋悠依が失意のどん底から銅獲得。心にストンと落ちた助言があった ◆ ◆ ◆  中村礼子は、2008年北京五輪の女子200m背泳ぎで、2大会連続のメダル獲得(銅)という快挙を達成した。日本競泳女子にとって、この記録は、200m女子平泳ぎの前畑秀子以来(1932年ロサンゼルス五輪銀、36年ベルリン五輪金)以来、72年ぶりの出来事だった。  その伏線となったのは、じつは100m背泳ぎでの失敗にあった。  4年前のアテネ五輪で中村は、200m決勝で日本記録を出し、3位同着となってメダルを獲得した。だがその前に行なわれた100mでは、前半に力んでしまった影響が最後に出てしまい、ラスト5mで2位から4位に順位を落とす惜しいレースをしていた。  北京五輪の100mでは、予選で59秒36の日本記録を出し、好調な滑り出しでメダル圏内に入ってきたが、平井伯昌(のりまさ)コーチが言う、「弱気の虫」が出る性格が、足を引っ張ってしまった。 「僕が『予選から行け』と言ったことで、たぶん、礼子の考えは『ミスをしてはいけない』『もっとうまく泳がなければいけない』という細かなところにこだわってしまい、大胆に行こうという気持ちが少し足りなくなってしまったのだと思う」

平井がそう話すように、準決勝は59秒64、決勝は59秒72とタイムを落として、中村は6位に終わった。 「予選でベストが出たので、自信を持って行きました。最後の25mを過ぎてからが勝負だと言われていて、折り返してからも2位になったカースティ・コベントリー(ジンバブエ)とも並んでいたのですが、勝負と思った瞬間に焦ってしまい、自分の気持ちの弱さが出てしまいました」と、中村はレースを振り返った。  平井は、中村が「先生はちゃんと指示してくれたのに、私の気持ちの弱さでダメでした」と言うだろうと思っていた。翌日に声をかけると、案の定、「私の気持ちが弱くて......」と言ってきた。 「だから『そうじゃないよ』と言ったんです。準決勝では少しタイムが下がったけれども、(北島)康介のようなはっきりしたミスではなかったから、僕は大丈夫だと思った。『礼子が弱気になってしまったのは僕のミスだ。それが悔しくて、昨日は眠れなかったよ』、そう言うと、礼子がボロボロ泣き出したんです。それで、『もうこれで100mは終わり!』と気持ちを切り替えることができた、と言っていました」  そうして迎えた、200mでの連続銅メダルだったのである。  中村が「チーム平井」の門を叩いたのは、アテネ五輪の前年、03年秋のことだった。03年世界選手権には100mで出場したが、自分のメイン種目と考える200mでは代表になれなかった。「世界と戦うためには2分10秒を出さなくてはいけないと考えて練習していたけれども、試合前になると不安になりすぎて結果につながらなかった」と、悩みの多い日々を過ごしていた。

【関連記事】